ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PG! ですわ!

あんまりパーフェクトじゃないお嬢かわいい

9/11 新ブラスト plus:G 支給開始
9/15 plus:G-hw 支給開始

名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
plus:G 810 E+  D+ B C+ 2.4
plus:G-cb 750 A- C C A C- 1.9
plus:G-hw 870 A+ E C+ D B 2.1
比較パーツ
ランドバルクAT 800 A+ C- C- D C- 2.0
ジーシェン・パイロン 830 A C- B- B- B- 2.3
ヤーデ54 730 A- C+ E+ C+ D- 1.7
アイアンフォートD型 870 S- C+ E+ D+ D 2.2
重量に対して少し装甲と射撃補正が低めで他性能そこそこ。
hw頭はついに登場した高DEF高装甲タイプ。耐久性は随一だが重量に対して各性能が少しずつ低い。
射撃補正はGAX系統やショットガンには影響が少なめなので活用したい。
 
名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
 plus:G 1470 A C C+ E+ B 2.0
plus:G-cb 1480 A- D+ B+ E+ A- 1.8
plus:G-hw 1590 A+ A D- E+ B+ 1.9
比較パーツ
ヘヴィガードG型 1570 A+ C C+ E+ C+ 2.2
ディスカス・ノヴァ 1380 B+ C- B+ C+ C 2.1
アイアンフォートⅡ型 1410 A- D+ B- D+ C+ 2.5
ジーシェン・パイロン 1520 A A+ D- D+ B- 2.3
ロージーLM 1530 A+ S- E+ C- B- 2.0
チップぶんDEF高め。
同重量帯に比べて全身装甲一段階以上の差と考えれば堅牢。
hw胴は高性能であるものの、すさまじい重量の割には近似パーツに対するリターンが今一つ。
セットボーナスによる唯一無二の仕上がりを目指すには必須のパーツといえる。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
plus:G 1020 A B C- D- B- 2.4
plus:G-cb 970 B+ D+ B B C- 1.8
plus:G-hw 1110 S- S- D+ C- B 2.3
比較パーツ
ロージーLM 980 A C C+ D B+ 2.1
X-Ⅲcg 900 B- C+ B- B- C+ 1.4
アイアSンフォートD型 1100 S- B- D- C- S- 2.4
cg腕が目を見張る高性能。
予備弾数はC-は23%のため、5マガジン武器の増加が可能。
hw腕はとてつもない重量に見合った全点豪華型。メタリックカラーにした肩のシールドは必見。

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
plus:G  1280 A D D C- A(5070) 2.5
plus:G-cb 1250 A- E+ C- B+ B+(4650) 2.0
plus:G-hw 1330 S- C D E+ A+(5220) 2.3
比較パーツ
ランドバルクAT 1300 A D C- C+ A(5050) 2.1
アイアンフォートⅠ型 1240 B+ D- C- A- A-(4910) 1.9
ヤマ・羅 1120 B D- C A+ B+(4780) 1.6
ヘヴィガードG型 1360 A E+ D- D+ S-(5440) 2.7
単品での利用価値は低い。
セットボーナスが極めて強力なのでフルセット向け。

セットボーナスは装甲3%・重量耐性150アップ。
フルセット運用の場合、ヘヴィガードに比べてDEF耐久ぶんDEF回復や挙動面を大幅に強化できるほか、hw脚は装甲による爆発耐性で差別化が図れる。
スポンサーサイト

BBXZPロケテスト情報・武装編ですわ!

残り三日ですが以下略。

強襲兵装
主武器
・M99サーペント
重量170 → 160
威力300 → 310
・M92ヴァイパー
重量190 → 180
リロード時間1.8秒 → 1.7秒

・ヴォルペ突撃銃FAM
威力360 → 400
リロード時間2.4秒 → 2秒

・STAR-10
威力1080 → 1100
・STAR-20
連射精度B → B+(変更点未検証)

・UK60速射機銃
威力450 → 460
連射精度C → C+(初弾精度アップ)

・VOLT-X
威力780 → 800
リロード時間2.4秒 → 2.2秒

・ウェーブショット
威力最大1560 → 1620
充填時間1.5秒 → 1.2秒
・ウェーブショットC
威力最大1080 → 1120
・ウェーブショットⅡ
威力最大1120 → 1170
充填時間1.5秒 → 1.2秒
・ウェーブショットX
威力最大2150 → 2200
充填時間2.0秒 → 1.5秒

・スイッチアサルトⅢS
装弾数33×13 → 36×13

副武器
・強化型Gランチャー
威力10800 → 11300
・拡散型Gランチャー
威力2800 → 2900
連射速度毎分240発 → 毎分300発

・変則起爆弾 タイプB
威力7600 → 8400
・変則起爆弾・改 タイプB
威力6800 → 7500
・変則起爆弾・重 タイプB
威力10000 → 11000

特殊武器
・AC-マルチウェイ
チャージ40秒 → 36秒

重火力兵装
主武器
・ウィーゼル・ラピッド
威力400 → 430
連射速度毎分730発 → 毎分760発
・ウィーゼル・コロナ
威力430 → 440
連射速度毎分680発 → 毎分690発

・双門機関砲
威力960 → 970
連射精度C+ → B-(詳細未検証)
・双門機関砲・怒竜
威力810 → 820
連射精度B → B+(詳細未検証)

・LAC-ウラガーン
威力930 → 940

・PBW-グランツ
装弾数13発×16 → 14発×16
リロード時間2.8秒 → 2.4秒
・PBW-グランツβ
装弾数16発×14 → 17発×14
リロード時間3.3秒 → 2.9秒
・PBW-シャイン
装弾数9発×17 → 10発×17
リロード時間2.7秒 → 2.3秒

・LEC-シュトラル
リロード時間2.6秒 → 2.3秒
・LEC-シュトラルβ
リロード時間2.4秒 → 2.1秒
・LEC-シュトラルγ
リロード時間2.7秒 → 2.4秒
・LEC-メテオール
威力最大4350 → 4475
リロード時間2.7秒 → 2.4秒

・サーバル可変機関銃 タイプA/B
OH耐性4秒 → 4.5秒
・サーバル・カスタム タイプA/B
OH耐性4.5秒 → 5秒
・サーバルRM タイプA/B
OH耐性7秒 → 7.5秒
・サーバル・サベージ タイプA/B
OH耐性3.5秒 → 4秒
タイプA
威力500 → 510
タイプB
威力490 → 500

・VFTマシンカノン タイプB
威力550 → 560
・VFTマシンカノンⅡ タイプB
威力490 → 500
・VFTライオット タイプB
威力450 → 460
・VFTディソーダー タイプB
威力500 → 510

副武器
・サワード・コング
威力14000 → 15000

・SPL-プロミネンス
爆発半径12m → 13m

・PNC-ブリューナク
威力8800 → 9000

・ブレイズランチャー
威力毎秒3500 → 毎秒4000
接触ダメージ低下
爆発半径9m → 8m
リロード4.0秒 → 3.5秒
・ブレイズランチャーC
威力毎秒2800 → 毎秒3500
接触ダメージ低下
・ブレイズランチャーX
威力毎秒5400 → 毎秒6000
接触ダメージ3800 → 1800前後
装弾数1発×4 → 1発×3
爆発半径10m → 9m
リロード時間3.5秒 → 4.0秒

特殊武器
・ハウルHSG9
威力280×8 → 300×8
・ハウルHSG9R
威力200×10 → 220×10
・ハウルHSG17
威力240×12 → 260×12

遊撃兵装
主武器
・マーゲイRF
威力290×2 → 310×2
リロード時間1.4秒 → 1.2秒
・マーゲイ・サヴァート
リロード時間2秒 → 1.6秒

・レヴェラーRR
リロード時間1.4秒 → 1.2秒

・ワイドショットXC
リロード時間1.5秒 → 2秒

・グリントN72DS
通常威力550×2 → 570×2

副武器
・炸薬狙撃銃・絶火
威力7300 → 6400
爆発半径13m → 15m

・BSR-ボーライド タイプB
威力6500 → 5600
爆発半径16m → 18m

・ジャンプマイン
威力8500 → 9000
爆発半径22m → 23m
・ジャンプマインS
威力7000 → 7400
爆発半径25m → 26m
・ジャンプマインV
威力14000 → 15000
爆発半径20m → 21m
・ジャンプマインX
威力15000 → 15600
爆発半径26m → 27m

・スティッキーボム
威力2700×3 → 3000×3
爆発半径18m → 19m
・スティッキーボムS
威力1500×5 → 1750×5
爆発半径14m → 15m
・スティッキーボムV
爆発半径22m → 23m

補助武器
・ラーク偵察機
索敵範囲半径80m → 90m
滞空時間D → C-
飛行速度35m/秒 → 29m/秒
・ファルコン偵察機
索敵範囲半径65m → 75m
滞空時間B- → B+
飛行速度60m/秒 → 51m/秒
・アウル偵察機
索敵範囲半径120m → 130m
滞空時間A → A+
飛行速度18m/秒 → 15m/秒
・ロビン偵察機
索敵範囲半径250m → 260m
飛行速度35m/秒 → 30m/秒
・ストーク偵察機
索敵範囲半径100m → 105m

・クリアリングソナー
索敵範囲半径110m → 130m
・クリアリングソナーM
索敵範囲半径90m → 100m
・クリアリングソナーW
索敵範囲半径140m → 160m

・FAS-モスキート系統
当たり判定を拡大

特殊武器
・光学迷彩・試作型
チャージ35秒 → 32秒
・光学迷彩・実用型
チャージ25秒 → 22秒
・光学迷彩・耐久型
チャージ40秒 → 38秒
・光学迷彩・高出力型
チャージ13秒 → 12秒

支援兵装
主武器
・ASG-アヴァランチ
拡散率小 → 極小

・LSG-ラドゥガ
威力770×6 → 780×6
・LSG-ミラージ
威力790×7 → 800×7

・トグルショット タイプB
連射精度B+ → A-(詳細未検証)
・トグル・ランページ
威力470×12 → 500×12
連射精度B → B+(詳細未検証)

・SLS-ネメシス
装弾数
8発×10 → 7発×10
タイプA
威力740×5 → 800×5
タイプB
威力330×5 → 400×5
・SLS-ネメシスβ
装弾数7発×9 → 6発×9
タイプA
威力350×12 → 480×10
タイプB
威力180×12 → 260×10
・SLS-ネメシスγ
装弾数9発×16 → 9発×15
タイプA
威力480×4 → 510×4
タイプB
威力220×4 → 250×4
・SLS-ディザスター
装弾数6発×11 → 6発×10
タイプA
威力630×6 → 680×6
タイプB
威力310×6 → 350×6

副武器
・インパクトマイン
威力6900 → 7300
・インパクトマインS
威力5100 → 5500
・インパクトマインV
威力10500 → 11000

補助武器
・索敵センサー
索敵範囲半径60m → 65m
・小型索敵センサー
索敵範囲半径45m → 50m
・広域索敵センサー
索敵範囲半径95m → 100m
・軽量索敵センサー
索敵範囲半径55m → 60m

・ND索敵センサー
索敵範囲半径150m → 160m
・小型ND索敵センサー
索敵範囲半径100m → 110m
・広域ND索敵センサー
索敵範囲半径220m → 240m

重! 73! ですわ!

重さを気にするお嬢かわいい

4/10 強襲兵装 副武器 変則起爆弾・重 支給開始

名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 起爆時間 リロード
変則起爆弾・重 タイプA 190 10000 1発×3 28m 2秒 1.8秒
変則起爆弾・重 タイプB 10000 18m 5秒
比較パーツ
41型強化手榴弾 140 11000 1発×3 25m 3.5秒 1.4秒
バーストチャクラムV 230 10200 1発×3 13m 3秒(停滞) 1秒
「威力と爆発半径を高めるため、搭載炸薬量を増加した切り替え式特殊グレネード。タイプAは投てき後2秒で起爆、広範囲に損傷を与える強力な爆発を発生させる。携行数が少ないため、タイプBでの運用には状況の見極めが重要。」

攻撃性能だけでなく、弾速やエフェクトも41手榴弾と同等です。
低弾速なのでパワースローの固定値増加の恩恵が大きい他方、起爆時間が短いため41手榴弾に比べれば飛距離の伸びでは劣ります。

4/12 重火力兵装 補助武器 73型AN手榴弾 支給開始
名前 重量 効果時間 装弾数 爆発半径 装甲低下 リロード時間 起爆時間
73型AN手榴弾 160 7秒 3 半径25m Lv3(ダメージ1.8倍) 1.0秒 2秒
比較パーツ
72型AN手榴弾 170 5秒 4 半径22m Lv2(ダメージ1.5倍) 1.0秒 1秒
「荷電量を増加させることで効果時間を大幅に延長したAN手榴弾。起爆時間は投てき後2秒と遅めだが、敵装甲の耐久性を大きく低下させる。」

目を見張るのは効果時間の長さ。
新型ECMに比べて起爆時間の短さや効果範囲の広さから多少は命中させやすいうえ、所持数も3個。
とはいえ撃破につなげられなくては妨害効果が得にくく、また反撃を受けるため状況しだいという点は変わりません。
もちろんユニオンバトルでは有効ですが、最も重要なエース機に当てにくくなっているのがネック。

ダメージ倍率は1.8倍。単発型の武器であれば大破も取りやすい点は大きなメリットになります。

4/14 支援兵装 副武器 グラスホッパーV 支給開始
名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 リロード時間
グラスホッパーV 320 11000 1発×5 半径18m 3.5秒
比較パーツ
ホバーマインV 240 9500 1発×3  半径20m 1.2秒
N70デトネーター 310 9300 1発×5 半径15m 3.0秒
「起爆時の破壊力を高めた強化モデル。炸薬量の増加により威力と爆発半径が向上しているが、重量増加に伴い射出後の前進速度は低下。運用には高度な技術を要する。」

グラスホッパー系統は非トラップ飛翔弾の扱いで、接地により起爆可能になりバウンドが開始されます。
また、バウンド高度はモデルにより異なります。

Vはジャンプ最大高度と同等、およそ10mのバウンド。低めの天井だとぶつかる一方で、ジャンプ回避した敵に直撃する珍しい爆発物。

弾速は極めて遅く、およそ20m/s。投てきトラップを含めた全武器中でもワースト級。
遠距離起爆を狙ってしまうと5秒近く何もしない時間が発生してしまうため、至近距離での即起爆や、接地から3回半のバウンドで自動起爆される仕様を使った時限トラップの運用が有効です。

4/16 遊撃兵装 バインドダートV 支給開始
名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 効果持続 リロード
バインドダートV 280 5500 1発×5 半径9m 1.5秒 1.5秒
「電磁ニュードをナノレベルで圧縮することにより、機能障害時間の延伸に成功した電磁爆弾。敵装甲への損傷力も高くなっており、命中時は決定打となり得る」

決定打にしかならない狙撃銃を放棄してまで使うかというと残念な性能。

くろがねダイナミック! ですわ!

ティザーに登場しておいて該当ver内に支給されなかったものとしてヤクシャ各種もそうでしたね



名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
アイアンフォートD型 870 S- C+ E+ D+ D+ 1.9
比較パーツ
ランドバルクAT 800 A+ C- C+ D C- 2.0
ジーシェン・パイロン 830 A C- B- B- B- 2.3
ロージーEVE 920 S E D- E+ D+ 1.7
必要スレスレの性能を保ち、重量増加も抑えぎみ

名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
 アイアンフォートD型 1530 S- C- C+ C- D+ 2.0
比較パーツ
ヘヴィガードG型 1570 A+ C- C+ E+ C+ 2.3
ヤーデVMT 1510 S- B- D- C- C+ 1.9
総耐久ではヘヴィガードG型と同等。修復を受けながら粘り続けるか、こまめに退いて新品状態を維持するかが分かれ目

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
アイアンフォートD型 1120 S- B- D- C- S- 2.3
比較パーツ
ヘヴィガードⅢ型 1120 A+ S- E E S- 2.5
ジーシェン・パイロン 1030 A C+ C- C B+ 2.3
ロージー・EVE 1150 S B E+ E+ S- 2.4
総合性能は非常に高いものの、重すぎるため限られた構成でなければ盛り込みにくい

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
アイアンフォートD型 1430 S- E D- B+ S-(5370) 1.9
比較パーツ
ヘヴィガードG型 1360 A E+ D- D+ S-(5440) 2.7
ケーファー52 1350 A- E C- D+ A+(5200) 1.9
ランドバルクAT 1300 A D C- C+ A(5000) 2.1
加速型とはいえ低ダッシュ。
AT脚を大幅超過させるよりは速いため、脚装甲による爆発耐性を活かせるマップであれば活躍も見込める。

全体的に極めて重いため、重火力兵装では無理に混ぜるよりヘヴィガード+SBUの方がタフかつ高性能に仕上がるパターンも多いです。
必要なパラメーターの吟味は必須ですね。

新機体だゼェーット! ですわ!

Xと来てZ。

2/17 Z.t.-Σ 追加支給
名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
Z.t.-Λ 500 D+ B D- B B- 2.2
Z.t.-Σ 490 D B+ C+ B- B 2.4
Z.t.-φ 510 D+ S- D- C+ C+ 2.1
比較パーツ
ディスカス・ダート 530 C B+ C- D C+ 2.4
ヤクシャ・弐 520 D- A- C- C+ C+ 2.2
アスラ・参 490 E S D- C B- 2.7
総合性能に対して軽量だが、このクラスのパーツにしては低チップ。
Σは総合性能こそ高いが、装甲を落としてまで装備するかどうか。フルセット時に腕を高級品にした場合のチップ補助の選択肢でもある。
φは極めて高い総合性能のぶん、軽量パーツとしては最低クラスのチップ数。フルセットφ採用5スロットで思い切る際に。

名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
Z.t.-Λ 1140 D B C- B B 2.0
Z.t.-Σ 1120 D- D+ B+ A B+ 2.3
Z.t.-φ 1210 D A+ D B- B- 2.2
比較パーツ
ヤクシャ・弐 1180 D B- C B+ D+ 2.2
E.D.G.-α 1250 D- D B+ A+ B 3.2
ガルム68 1120 E+ A- D- B- B 2.7
セイバーZX 1200 D+ S E+ A+ C- 2.6
総合性能に対して以下略。やはり軽量型にしては低チップぎみ。
Σはフルセットよりは単品向け寄りで、チップこそ多いが現段階ではフルセットがチップ7.0には届かない。装甲の取っ払いぶりはヤクシャ・改のようだがブースタ重視ではない。
φは高性能だが総合的にはチップ数に見合うか微妙なところ。どちらかというとフルセット向け。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
Z.t.-Λ 720 D+ C+ B C+ D 1.0
Z.t.-Σ 690 D- D B- B C+ 0.7
Z.t.-φ 740 D+ D- B+ A- D- 0.6
比較パーツ
フォーミュラMST 730 D+ D B+ C+ D 1.4
ガルム68 710 E+ E+ B+ C- C+ 1.3
ヤクシャ・改 710 D- E B A+ D 0.5
単品としては可もなく不可もなく。
ヤクシャと同じくセットボーナスぶんの足枷枠となっている模様。
Σの予備弾倉は4発以上の武器の増弾だけでなく、予備弾倉Ⅰチップで3発武器も増弾可能。フルセットではチップがカツカツだが……。ユニオンバトルでは有力な選択肢のひとつになりうるパーツ。
φは高性能型にしては重量・装甲・チップのペナルティが無い豪華ぶり。

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
Z.t.-Λ 880 D E+ A D D(3670) 0.8
Z.t.-Σ 870 D- C A- C+ D+(3880) 0.9
Z.t.-φ 900 D E A+ D- D-(3350) 0.4
比較パーツ
ヤクシャ・弐 940 D D A E+ D(3610) 1.0
E.D.G.-δ 970 D- D+ A- B D+(3780) 1.6
ヤクシャ・零 950 D- D- A+ E- D-(3300) 0.5
チップ0.2にしてはお釣りが来る積載量。
近似帯のセイバーZXと比較しても、脚の装甲差を補って余りあるほど。
Σは加速型として扱うことも選択肢に入るほど競合品と一線を画した性能。積載100の差は加速二段階とチップの差を余裕で覆します。

φは文句なしの高性能。
立体化までされたヤクシャ零ですが、戦場で見かけることは激減することでしょう……。

セットボーナスはDEF回復とダッシュ。
DEF回復は係数に加算であるため、元パーツの性能が高いほど効果が薄まります。
が、ダッシュのセットボーナスが極めて優秀なためオマケと捉えればお得感たっぷり。


余談ですが、Z.t.シリーズのギリシア文字は他のナクシャトラ系ブラストと違って大文字となっています。
本気度の違いでしょうか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。