ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイジェン機対策! ですわ!

回るお嬢かわいい。

SP機キャンペーン期間なので、それっぽい記事を書きます。

今回のSP機、ディオナさんの特殊Z.t.ですがダッシュA前後の高速っぷりに加えて耐久換算して約10万以上のダメージが必要という極めて面倒くさい仕様となっています。
秒間4000近いペースで回復するアドリシュタはダメージによるリペア妨害で、飛行型のイフリットは耐久が低いのでエース撃破スタンで楽に撃破できたことを考えると一段と厄介です。

が、相変わらずSP機はプラント占拠範囲内のプレイヤーを高い優先度で攻撃するよう動くため、Sバンカーを命中させやすくなっています。
勝敗にかかわるものの、SP機出現がランダムであることを考えるとSバンカーを使ってしまった方がキャンペーン消化は捗ると言えます。
ただし、敵機は視界内に設置されたSバンカーがある場合(?)には範囲外までキチンと退避するようになっているため、橋の上下などを利用して設置した方が確実だと思います。設置中に撃破されにくくもなりますし。


などと身もふたもない情報では仕方ないので、とりあえず行動の解説。


・まずコング乱射
出現後は基本的に弾切れまでランチャーを乱射します。複数のプレイヤーが視界内に居ると最優先で使用する設定のようです。
弾頭の性能はサワード・コングとほぼ同等で、弾数は3×3程度。ただし重火機兵と異なり、バースト射撃ではない模様。
ターゲットに取られた場合は高度を取ることで巻き込み被害を減少させられます。きちんと膝あたりを狙って撃ってくるものの、上方に居るプレイヤーでもお構いなしで撃ちます。アホの子か。

・ミラージとグリムリーパー
ランチャーが弾切れになるとかっこいいエフェクト付LSG-ミラージとPS-グリムリーパーを距離により使いわけるようです。
ミラージは距離を置いてしまうと正確に撃ってノックバックされるので、接近して背後を取ることは困難です。
そもそもSP機はプラント占拠範囲内の行動(占拠範囲内のプレイヤーへの攻撃?)を優先するため、だいたい敵の群れに居ることが多いです。
無理に背後を取るよりはエースを隔離して撃破した方が望みはあると言えましょう。


ということで重要になる「敵エースの隔離」とは何ぞや?

の前提となるエネミーの行動に関する話を三つばかし。

第一に超重要なのが敵ブラストは旋回速度に上限があるということです。
速さは大まかに特殊機兵>その他機兵、スペシャル機?>エース機です。
エース機だけ明らかに遅くなっており、10m程度の距離でも主武器やUADを照準できないレベルです。エースとは一体。


第二に原則的に敵機は攻撃を前提に移動するという点が重要です。
「アー◯ードコア ◯ァーディク◯デイ」や「◯ルネージ◯ート」「パン◯ラプロジ◯クト」のようなAIゲームでもそうですが、これはエイジェンのエネミーでも同様です。
ここでいう「攻撃を前提」ということは「攻撃するよう指定した位置関係を保つ」ということ。
すなわち「設定した距離を保つ」「プレイヤーを照準する(旋回する)」の二点です。

敵機は設定距離に忠実なのです。設定距離の犬です。抗えぬ運命です。
ざっくり観測した敵ブラストの「最低限とりたい距離」は以下の通り。

・強襲機兵、格闘機兵:3m~5m程度
・狙撃機兵、ジーナ:10m程度
・それ以外:4m前後

上記に加えて、武器ごとの「最低でも近寄っておきたい距離」に応じて接近します。
なお、接近の優先度は高くなっているようです。事実、格闘武器の機兵は孤立しがちです。空振り防止でしょうかね。
しかし大半の武器は100m程度から使用してくるため、誘い出しは格闘系の二種にしか通用しません。
ディオナ機の場合はミラージに持ち替えてしまうか、ターゲットを変更するかで思うように誘い出せません。


照準は以下の通り。

・強襲機兵、重火機兵(副武器)、ゼラ(副武器):おおよそ視界内に入っていれば引き金を引く脳筋
・格闘機兵、特殊強化機兵(副武器):やや甘い照準でも巻き込み狙いで攻撃する
・その他:完全に照準(プレイヤーで言う照準器が赤い状態)で攻撃する

格闘武器を使用する敵であっても、側面に密着すると距離を取るように動くわけです。
では意のままに敵機を操れるのかというと、次の点が問題になります。


その第三の要素が敵機のターゲット変更基準です。

基本的には視界内の最も近く、かつ攻撃を加えてきたプレイヤーをターゲットに取り移動・攻撃する設定のようです。
が、どうやらプラント占拠中のプレイヤー、Sバンカー所持プレイヤー、スコアの多いプレイヤーに対しては優先度が上がる設定が盛り込まれているように思います。スコアに関しては推測の域を出ず、諸々のシチュエーションからそんな気がする、程度ですが。

ただし、敵エースはターゲット変更の設定が他エネミーと異なるのか、サッカーボールまっしぐらの小学生のごとく追い回すようになっているようで、比較的コントロールが容易になっています。エースとは一体。


ともかく、以上の三点を活用することで、ある攻略法が生まれます。
すなわち「敵機に狙われたら、味方から隔離できる方向へ距離を取らせるよう詰め寄る」というものです。

詰め寄ることで得られる効果は次の通り。

・旋回範囲外に入ることで攻撃を防ぐ
・味方や占拠範囲から隔離する
・何もしない敵ブラストを観察できる

敵機の占拠性能はプレイヤー2機ぶんであるため、占拠完了まで撃破できそうにないなら、占拠範囲外へ隔離するよう詰め寄る方が合理的な場合もあります。とくに開幕のプラント奪還フェイズで有効です。

そして、敵エースは詰め寄ることで視界外にターゲットが居座っても執念深く狙ってくれるため、みるみるうちに隔離できるわけです。
いったん隔離に成功すれば、あとは囲んで棒で叩けば撃破は容易いはずです。

ただし、攻撃を入れられてしまっては上手くいきません。
敵が群れの中に居る場合はもちろん、ゼラの場合は寄りすぎるとクイックフォールで妨害されますし、ジーナの場合は近寄るとハンドランチャーが回避不能になるためモリモリ削られます。
ゼラの場合はグライドタックルで勝手に孤立するのがチャンスとなります。

このあたりは状況次第というほかないので難しいところですが、こと単独の敵機に関しては、詰め寄るのが最も安全です。
自分がターゲットにされているかどうか、素早く察知することで敵ブラストによる被撃破は大幅に減らせるようになるでしょう。
スポンサーサイト

新武器支給とユニオンバトル開催ですわ!

今ですわ!パワーをメテオールに!


名前 重量 威力爆発半径 装弾数 連射速度 連射精度充填時間充填OH リロード
LEC-メテオール 500  / /4350 8発×20 240発/分 5秒 3.3秒
LEC-シュトラル 350 1270/1905/254010m 14発×18 300発/分 およそA相当2秒7.5秒/2秒 3.2秒
「銃身を補強することで、一撃の威力を可能な限り強化したニュード充填式特殊銃。最大充填時の破壊力に比例して、充填時間も延伸したため、慎重な運用が求められる。」
購入条件 最優秀戦闘章 × 3

シュトラル系統の多くが、通常射撃は最大充填の半分程度なので威力は2000ちょっとあたりでしょうか。他パラメータに関しても検証が必要です。
LEC系統のチャージショットは初手のアドバンテージ確保が基本で、遠距離から炸薬機関砲のように撃っても大した効果は得られなかったわけですが、メテオールの威力であればDEF剥ぎなら難なく可能かもしれません。

さて、今週はユニオンバトルが開催されます。
ホープサイド市街地でのツィタデル迎撃は初公開。Golemは高架やビルを通ると予想されるので、迎撃経路は色々と試して最適なものを探しましょう。
マップ構造を見る限り、ビル上から長射程武器でベース到達まで攻撃し続けるメンバーが居た方が、効率的に弱点を攻撃できそうです。こっちも実戦での検証が必要ですね。

Golem迎撃の基礎理論は こちら
要注意の吸収装置は以下の通りです。
暫定版ホープサイド吸収装置

カニさんホープサイドを攻略ですわ!

泣き顔お嬢かわいい。

秋キャンペーンのユニオンバトル週ですが、EXPランキングはご覧いただけたでしょうか。やったぜ。
今回の記事はホープサイドのカニさんについて、プラント奪還戦・対砲台・突入・ユニオンオーダー三種・最終防衛の7つに分けて、個人的な稼ぎ……もとい攻略情報を掲載します。

(1)プラント奪還戦
G~Aまでの7プラントの構成で、一応は全プラントにリペアポッドがあり、最低限の有用性はあります。
ぶっちゃけG、E、Bの順に三プラント取れば勝てるマップですが、Dは中盤の一時に便利で、Cも対艦戦開幕のリスク拡散に役立つので、できれば欲しいところ。
ここまで読んでわかる通り、AとFは利便性が低いため、優先度は最低となる2プラントです。報酬アップやプラント防衛のために取っておくとお得という程度ですね。が、しかし

なぜか多くの人がG→E→B(稀にD)→A→C→Dの順に移動します。
おそらく原因はベースのカタパルト。FとGで散開して取れば効率的なものの、Fが少し徒歩を挟むせいか大半の人がGに向かってしまうのでしょう。
占拠人数差5以上に人数を割くのは占拠時間の加速に対して、全員の移動時間ロスが大きくなるため非効率的です。

Fが無人であれば個人で取ることができるのですが、敵の出現状況はカタパルトに乗った後でないと、ビルに阻まれて確認できないため何かとリスキー。知り合い数人と示し合わせない限り、独占狙いのG/F分担は諦めた方が無難です。

では分担して時間を確保して独占するにはどうするかというと、戻りカタパルト先回り占拠がポイント。

マップをよく見れば、Gから反時計回りに全プラントがカタパルトで連結していることがわかりますね。
そのため、とりあえず開幕Gに飛びつつEの敵出現状況をチェックし、無人であればGを任せてさっさとEに取り掛かって時間を節約し、Eに飛びながらBの敵出現を……という具合で、先回り占拠を進めていけば、カタパルトで移動時間が皆無なこともあって、野良チームでも独占が期待できます。

(2)対砲台
相変わらずプラズマカノン・ネオの補給乱射、通称トイレネオが圧倒的火力なため、これを狙うことになります。
狙いやすいのは開幕B、C。カニさんがC周辺まで移動したらD、河まで来たらE、Eが危険になったらGやベースですね。

厄介なのが、遮蔽物の多さ。道路標識や高架によってリペアポッド付近では射線が阻まれがちです。が、しかし

ホバー型脚部の滞空によって、ほとんど全て無視することが可能になります。二脚では精度低下のため砲台に当たらなくなりますが、ホバーであれば大丈夫です。
電磁榴弾やDroneの攻撃にある程度は耐えられる装甲で、重火力兵装の装備で超過せず、パワーバウンダー突入しやすい飛行移動量の多い脚部……そう、まさにネレイド。支給から3年半、最も活躍する機会が来ています。今、まさに!

(3)突入
巨大兵器への突入ですが、大パワーバウンダーがベース、D,F、Eの四か所しか存在せず、ベース以外は全てビルの上でアクセスが悪く、しかもカニさん本体に塞がれやすくなっています。
で、カタパルトの利便性は高いため、すっ飛んで通常突入が中心になります。
そのため、内部の地上特殊強化機兵が邪魔されやすくなるため、複数人でタイミングを合わせた突入を心がけたいところ。一人につき、数万ダメージ損なわれることは覚えておきましょう。

また、通常突入で厄介なのが、うろついている機兵。ビルによって遠方から視認や排除が困難であるため突入前に事故ることも頻発します。

以上から、圧勝するにはバンカー設置までにカニさん尾部に移動して、素早く突入から機兵排除までを行う人数で変わる具合。
表示の出ないパワーバウンダーで正面から一番乗りした場合、内部の機兵がケツ向けて端に二機とも固まるため、独りでも積極的に狙うと後続が楽できます。

(4)ニュード吸収装置破壊
暫定版ホープサイド吸収装置
暫定版マップが上の通りです。マップ説明では難易度が高そうになっていますが、かなり簡単な部類に入ります。
注意したいのは、赤丸で囲った三か所。多方向から死角になる位置と、高架の最上層で破壊が難しい箇所です。着弾予告の時点で重点マークしたいところ。
他の着弾点は大半が高架周辺から視認できたり、カタパルトからすぐの位置であるため特に注意点はありません。

爆雷迎撃のこともあり、「特殊信号を確認」の時点で、E周辺に移動してしまうといいでしょう。

(5)巡航爆雷迎撃
マップが狭くビルだらけで射線が阻まれやすく、むしろ吸収装置よりも難易度は遥かに高くなっています。

注意したいのがベースにエリア移動は最悪手ということです。
フルセイバーだろうとエリア移動する時点で、最初に発生する爆雷四機から半機ぶんのダメージを放棄するロスですし、ベースからはビルが邪魔で3割程度の爆雷しか狙えません。
迎撃するのはE周辺で出現直後にネオやNeLISを狙うか、EからGのビルまでカタパルトで飛んで弱点を狙うかの二択ですね。GビルにはガンターレットGも併設されているため、支援兵装は迷わず移動すること。

(6)プラント防衛
どのプラントも機兵の出現位置から占拠範囲内までが直線的なため、NeLISとオートガンが極めて強力です。これらを用いたり、出現地点の背後から回避されない副武器で撃破を重ねれば、そう難しくないはずです。

(7)最終防衛
全員が正面の階段から、門の左端か右端を通ります。門を抜けた後に直進と大回りに分かれますが、門の時点で撃破するのが理想です。
Gプラント広場から階段へNeLISを照射すると気持ちよくなれますが、全Droneからタコ殴りにされるので、ラスト数秒のお楽しみにとっておくのが無難ですね。

最終防衛中はベースのバウンダーから必ず突入できるため、既にジーナが覚醒していた場には、7人ほど乗り込めば圧勝になることも覚えておきたいところ。残りコアゲージが大丈夫そうなら、ベース防衛と突入のチャットを駆使して圧勝してしまう方が確実です。


こんなところでしょうか。慣れるまではビルに阻まれて効率が落ちがちですが、それほど難易度は高くないマップです。キャンペーンや追加報酬を稼ぐ助けになればと思います。

おじょユニ講座一覧ですわ!

1
Droneの耐久値は黒黄白が1000、紫が2000、赤が3000ですわ。属性の補正は無いので、好きな武器で落としましょう。
2
巨大兵器の砲台には実弾‐10%、ニュード+20%の補正が入りますわ。とはいえ、元スペックのダメージ効率にもよるので、ちゃんと計算しておいた方がいいわね。
3
特殊強化機兵はプラント占拠よりも、死角から攻撃することを優先しますわ。存在を確認したら、動向に注意なさい。
4
機兵に通信ラグは無いけれど、飛翔弾は半秒ほど遡った位置で判定されるわ。直進する瞬間をよく狙いましょう。
5
巨大兵器へのサテライトバンカーは、設置した場所と動力炉の距離で威力が減衰するわ。できる限り真下に置くことね。……わたくしの真下には何も設置しないでちょうだい!
6
プラント奪還戦では、占拠完了ごとに残ったプラントへ敵が追加されるわ。無人のものがあったら、一人でも取れるので優先していきましょう。
7
巨大兵器の停止耐久は、砲台の破壊、敵の撃破、サテライトバンカー命中で減らすことができますわ。0になった瞬間にサテライトバンカー命中で機能停止よ。
8
停止耐久へのダメージは、砲台破壊が最も効率が良く、サテライトバンカーは直撃させてもあまりダメージを与えられませんわ。あのクソバ……フィオナさんは、直撃した前提で機能停止可能を告知するので、余分に砲台を破壊しておいた方が確実に停止できますわね。
9
飛行型特殊強化機兵の電磁加速砲は極めて強力よ。ぼーっとしていると頭上から背後を取られて、秒間7200の超火力を叩き込まれてしまいますわ。注意なさい。
10
砲台を破壊する武器は、長時間でのダメージ効率を考慮して選ぶといいわ。マガジン火力やリロード時間に加えて、撃ち切り所要時間は見落としがちね。例えば、チャージカノンCは撃ち切るまでが長すぎて、砲台破壊には向かないことがわかりますわ。
11
LAC-タルナダは、副武器にこそ大きく劣るものの、主武器の中では高い対砲台効率を秘めていますわ。砲台破壊に向かない副武器を装備する場合には、一考の余地がありますわね。
12
強化機兵は、装甲+70%のチップでも装備しているみたいね。重火力機兵は+45%ですわ。真っ向から勝負を挑むのは避けたほうが無難でしょう。
13
強化機兵は、元になったパーツに準拠した性能のようですわ。δ胴、ノヴァ胴のブースト容量は少ないのが救いね。
14
アルド・シャウラのユニオンオーダー、巡航爆雷には爆発属性だと-20%ダメージですわ。高難易度の場合、炸薬機関砲だと火力も射程も非常に厳しいので、アルド・シャウラ相手では装備に注意が必要よ。
15
巨大兵器には、耐久力の異なる大小二種類の砲台がありますわ。難易度にかかわらず、だいたい大砲台は小砲台の二倍の耐久力ね。大砲台は射程が長いので、攻撃を集中して、先に破壊してしまいましょう。
16
巨大兵器の停止耐久がある程度低下すると、拡散熱線砲を放ちますわ。この後に砲台を二基ほど破壊すれば、高難易度でも瞬間停止できるので攻撃の手を緩めずにいきなさい。
17
ユニオンバトルで勝利するには、無駄な時間を減らし、チーム全員のバトルスコアが高まることを意識するといいわ。サテライトバンカーの扱いには注意するのよ。
18
素早く砲台を破壊するには、とにかく火力効率の高い武器で攻撃し続けることに尽きますわ。撃破されにくく、かつ多数の砲台が狙える場所を探しましょう。リペアポッドが近いと完璧ね。
19
ユニオンオーダーのニュード吸収装置破壊は、いずれの巨大兵器でも発令するわ。マップ全域に満遍なく落ちるので、手分けして着弾地点予告の光柱を視認しましょう。壁面や高所は要注意ですわね。
20
ツィタデルや白Droneの電磁砲は、三属性になっていますわ。対人戦ほど頻繁に単一属性のダメージを受けることもないので、属性防御チップは効果が薄めになってしまいますわね。
21
強化機兵は武器変更をほとんど行わないようね。場合よっては、弾切れまで囮になって味方の被害を減らすのも有効よ。優雅に避けきってみせなさい。
22
地上型特殊機兵の手榴弾は、41強化手榴弾の威力が下がっただけ……と思いきや、発光エフェクトが極めて小さく、視認が困難ですわ。仲間が密集しているときが特に危険よ。
23
狙撃機兵は最も貧弱だけれど、カーソルに相手が重なっている瞬間を逃さず引き金を引くようね。立ち止まっていると瞬時に撃破されることもあるので、油断は禁物よ。
24
重火力機兵はロケットランチャーに目を奪われがちだけど、ガトリングガンも凶悪な性能を誇りますわ。優先して撃破すべき機兵ね。
25
支援兵装のスタナーは、熟練すると対強化機兵の切り札にもなりうるわ。味方と連携して次々に薙ぎ倒せると、まさに面目躍如といったところね。
26
敵エースは、頻繁に奇妙な行動を取るわ。これを観察するのもユニオンバトルの醍醐味ね。煽っているつもりなのかしら?
27
アルド・シャウラが機能停止した際、突入に使用できるパワーバウンダーがあると、マップに表示がされます。たまに表示が無くとも、強引に乗り込めることがありますわ。おおよそ飛び込める位置関係を覚えてしまうのがベストね。
28
ユニオンオーダー失敗時に減少するコアゲージは、だいたい25%よ。大破回数を減らすことで、三回までなら勝機は残っていますわ。諦めてはダメよ!
29
ユニオンオーダーは難易度によって敵性能と達成報酬が変化しますわ。ユニオンキューブを集めたいのならば、Vハードで達成以上を、ハードでは完全達成をする必要があります。ノーマルではEXPしか貰えないみたいね。
30
ニュード吸収装置破壊の完全達成には、素早く破壊することに加えて、チームで上手く分担して破壊することが重要になるわ。オーダー発令直後は、着弾地点の確認とともに、味方の動向もチェックできると素敵ね。
31
ユニオンバトルの報酬EXPには、リザルト項目の全てに加えて、コアゲージ残量も査定に含まれますわ。ユニオンオーダーの成否だけでなく、被撃破を減らし、再起動を心がけることも必要かしら。
32
敵CPUは、基本的にサテライトバンカーが設置されたら範囲外に退避するみたいね。プラント防衛時には、退避した機兵がサテライトバンカー照射後に殺到することも考えて設置してちょうだい。
33
プラント防衛のユニオンオーダーは、素早く敵を撃破し続けることで、数秒間の空白を作れるようね。そこで一気に奪い返して、残時間を粘りましょう。敵の増援に撃破が追いつかないようなら、エースの撃破を狙うといいわ。
34
どういうわけか、強化機兵や敵エースはリフトにカタパルト、パワーバウンダーといった移動用施設に近寄ると真っ先に使用するわ。理由はなんであれ、副武器を当てるチャンスを見逃す理由はないわね。
36
アルド・シャウラの補助動力は、大砲台の数倍の耐久力を誇るけれど、二ヶ所を破壊すればサテライトバンカー無しで機能停止させられますわ。再起動後は、破壊不可だった残りの副動力が起動するので、もう一回だけ機能停止を狙えます。壊した場所は覚えておくといいわね。
37
ユニオンオーダー「巡航爆雷迎撃」の完全達成には、チーム全員が存分に火力を発揮することが不可欠ですわ。射程外や、爆雷が出現しているのにエリア移動中、なんてことは避けたいわね。UADや副武器の狙い撃ちで、いくらか火力を補うことは可能よ。
38
巨大兵器ベース再接近後の、コア攻撃中の強化機兵は、ベース傘半径のちょうど真ん中あたりを時計回りで動きますわ。罠を設置する場合は、床の透明ニュード管を目印にするといいわね。敵の位置には数mの誤差があるので、地雷の場合は注意なさい。
39
アルド・シャウラの副動力は、つい縦線の発光部を撃ちたくなるけれど、判定があるのは、その下にある横長の奥まった発光部ですわ。爆発半径の狭い武器では、無視できないダメージ減衰になるので気をつけてね。
40
ガードチップは正面からのダメージを軽減するけれど、高難度でのユニオンオーダー「プラント防衛」では焼け石に水ね。攻撃に耐えたところで、圧倒的な占拠性能差によって一瞬で制圧されるわ。基本は、「攻撃は最大の防御」よ。際どい残時間なら活躍するかしらね。
41
砲台破壊で貧弱な武装ばかりの強襲兵装の中で、連射式Gランチャーだけは重火力兵装にひけをとらない効率を持つわ。ただし、反動や弾速の遅さ、連射の目押し……と、かなり難易度が高いのが難点ね。
42
強化機兵が飛翔弾を避けるのは、ジャンプによるものが少なくないわ。真上から撃ち下ろすほか、ジャンプそのものを封じるマグネタイザーやディスクシューターも有効ね。
43
ツィタデルを機能停止させたサテライトバンカーの照射が終了すると、動力炉に強化機兵が出現するわ。出現直後は高確率で止まっているので、出オチさせると後が楽ね。ラベージパイクだと弾を消費しないし、ドヤ顔できるので、わたくしは使っていますわ。
44
敵エースのゼラが使用するUADは、最も厄介な攻撃ね。プレイヤーのUADより爆発半径が広いので、ジャンプしながら振り切る方が被ダメージを減らせますわ。
45
アルド・シャウラが難易度ハード以上から使用する、艦首チャージカノンは理不尽なまでに強力よ。発射の1秒前には砲身に球状の電撃をまとうので、一呼吸おいてジャンプして、狙いを空中に逸らすといいわ。 
46
ニュード吸収装置に押し潰されると、問答無用で大破しますわ。興味本意でやるくらいなら、わたくしが代わりに貴方を踏み潰してあげてもよろしくてよ。
47
バラム重機砲は、動力炉攻撃で最強クラスのダメージを叩き出しますわ。撃ちきるには18秒ほど必要なので、突入BGMのイントロ終了ごろには要請しておきたいわね。OHゲージ75%を保って射撃すると、上手く撃ちきれるはずよ。
48
ユニオンオーダーの際、「巨大兵器から特殊信号を確認」のアナウンスが来たら、プラント防衛以外のオーダーが発令されますわ。アナウンスを聞いた時点でエリア移動するのがベターだけど、撃破されては本末転倒よ。エリア移動が不要な、柔軟な場所を探すのも手ね。
49
いずれのユニオンオーダーも、発令中は撃破されるリスクが付きまといますわ。プラント防衛は当然として、巡航爆雷迎撃は砲撃ペースが倍速になり、ニュード吸収装置破壊も少量ながら敵が出現するわ。ベストな状態で開始するよう、心がけましょう。
50
ユニオンオーダーの爆雷迎撃は蛇行しながら高速飛行するけれど、出現直後は必ず直進するわ。強力な副武器やRターレットを狙うチャンスね。作戦適性によって速度が変わるから、感覚を掴むまでは慣れが必要かしら。
続きを読む

新型クラッカーとユニオンバトルですわ!

集中お嬢かわいい。

SATELLITE NEWS
【新武器】
強襲兵装 副武器『60型クラッカー』を支給開始!!
【協力戦】
ゲルベルク要塞跡に『ジーナ』出現!! 『ユニオンバトル』★開催中★

名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 リロード 起爆時間
60型クラッカー 130 9000 1発×5 半径15m 0.8秒 2秒
41型手榴弾・改 110 14500 1発×3 半径14m 1.4秒 1.5秒
「爆発範囲を集中させることによって破壊力を高めた着発式グレネード。着弾、または投てき後2秒で起爆する。」

威力を弾数に寄せた41改といったところでしょうか。
強化Gランチャーに迫る性能にも見えますが、系統最速の40クラッカーでさえ弾速が下回ります。60型クラッカーは果たして。

ユニオンバトルに関しては 前回 に書いてあります。
しつこいようですが、奪還戦はGプラントを目標にどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。