ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

XZPG! ですわ!

順不同。
上位機種の第四モデルだけあって、既存の第一モデルの完全上位互換もチラホラ。
グランドバスター系統や既存の第四モデル・ネメシス系統等の調整方針からしても、購入しにくいパーツは豪華な性能という方向性なのかもしれません。



1/19 X-Ⅴsp2 支給開始!
名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
X-Ⅴsp2 700 B B- C- D+ B 2.2
比較パーツ
ディスカス・プロト 700 B B+ D- C C- 1.9
ランドバルクⅠ型 710 B C- B- C+ B- 2.3
ヤマ・羅 750 B+ B- C D+ B 2.2
スペクターMRG 700 B B+ B D C 2.2
バランス良好でフルセットにも強力。
DEF回復はB以下の上がり幅が大きいため近似パーツより一歩リードといったところ。
重量50でヤマ・羅と調整するかがポイントか。
 
名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
X-Ⅴsp2 1370 B- B C+ C+ C- 1.9
比較パーツ
ディスカス・エヴォル 1330 B B+ C C+ D+ 1.8
X-Ⅰe 1330 B- B C- B- C- 2.1
スペクターMRG 1420 B+ A C- C+ C 1.8
総合性能は高いが、加速移動メインで使うには後衛用と言える、物足りないブースト量。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
X-Ⅴsp2 930 B E+ B C- B- 1.2
比較パーツ
ジーシェン・フー 950 B C- B- C+ B 1.6
X-Ⅱs 860 C D B B C- 1.3
PLUS:G-cb 970 B+ D+ B B C- 1.8
重量の割にチップと武器変更は低めだが、装甲・リロード・予備弾数が揃っている貴重なパーツ。
フルセットで3発手榴弾装備の強襲兵装にはうってつけだが、それ以外では他の選択肢の存在感が大きめ。

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
X-Ⅴsp2 1120 B- D+ B+ B+ C-(3880) 1.5
比較パーツ
クーガーNX 1110 B- E+ B+ C C(4040) 1.5
E.D.G.-θ 930 D+ B B+ B- C-(4070) 1.8
グライフ68G 1010 C- D B+ A C-(3990) 1.6
このクラスの加速型パーツはE.D.G.-θが抜きんでて優秀。
低すぎる重量耐性のこともあり、フルセットの方が活躍するパーツ。


1/26 PLUS:S-fv 支給開始
名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
PLUS:S-fv 490 D- A- C B- A 2.9
比較パーツ
シュライクW型 480 E+ A- D- B C+ 2.9
月影・烈風 500 D A+ C C- B- 2.6
Z.t.-Σ 490 D B+ C+ B- B 2.4
DEF回復B+以上は上がり幅が控え目なため、過不足ない性能で装甲も伸ばせる点が優秀。
チップも多いが、やはりセットボーナスのDEF耐久あってこそという程度。

名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
PLUS:S-fv 1110 D- B- C S- B+ 2.9
比較パーツ
シュライクW型 1100 D- B D- S D+ 3.1
E.D.G.-θ 1190 D+ B C- A+ C 2.3
非常に高い総合性能。既存パーツに比べてDEF耐久も高いため装甲の差は気にならない。
軽量胴パーツ自体が特定の用途に限られるものの、大いに選択肢となるパーツ。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
PLUS:S-fv 730 D- E A+ D+ E+ 1.2
比較パーツ
E.D.G.-β 860 D- E A+ C D- 1.0
月影・烈風 720 E+ E S- D E 0.5
ガルム70 770 D C- A+ D- D 0.7
フォーミュラMST 730 D+ D B+ B- D 1.4
既存パーツに比べて高性能。高リロード値が下方修正された後、上位の第四モデルとして妥当といえば妥当な性能バランスなのかもしれない。

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
PLUS:S-fv 940 D- S- S- E E+(3060) 0.6
比較パーツ
月影・烈風 890 E+ E S- E+ E+(3110) 0.5
ガルム70 820 D- D- A+ A- E+(3180) 0.8
Z.t.-Φ 900 D E A+ D- D-(3350) 0.4
歩行目的しか活路が無いのはシュライクと同様。相変わらずクイックステップ用といえる。


2/2 PLUS:G-fa 支給開始
名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
PLUS:G-fa 890 S- D D- C B- 2.0
比較パーツ
ランドバルクAT 800 A+ C- C+ D C- 2.0
ジーシェン・パイロン 830 A C- B- B- B- 2.3
ロージーEVE 920 S E D- E+ D+ 1.7
大重量に見合った高性能。
装甲S-は上がり幅が低いものの、実用的なロックオンとDEF回復だけ見ても価値のある重さ。

名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
PLUS:G-fa 1650 S B- C E+ C+ 1.6
比較パーツ
PLUS:G-hw 1590 A+ A D- E+ B+ 1.9
ヤーデVMT 1510 S- B- D- C- C+ 1.9
ロージーEVE 1620 S C D D B+ 1.7
とてつもない重量に見合った高性能。
並大抵のショットガンでも怯まない装甲を持ちつつDEF耐久も低くなく、頭部のDEF回復は持ち味たりうる。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
PLUS:G-fa 1180 S- A+ C D+ A- 2.0
比較パーツ
ヘヴィガードG型 1070 A+ B+ C- D- A- 2.1
アイアンフォートD型 1100 S- B- D- C- S- 2.4
ロージーEVE 1150 S B E+E+ S- 2.4
すさまじい重量に見合った高性能。
なのだが、反動吸収に重きを置かない場合には余分な重さになる。
フルセットの場合は低い射撃補正の都合、重火力の主武器はGAX系統が最も有力な選択肢になる。
そのため自ずと反動吸収が必要となり、性能を余すことなく発揮できる。

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
PLUS:G-fa 1500 S- E D+ D+ A+(5200) 2.1.
比較パーツ
PLUS:G 1280 A D D C- A(5220) 2.5
PLUS:G-hw 1330 S- C D E+ A+(5370) 2.3
ランドバルクAT 1300 A D C- C+ A(5200) 2.1
驚異的な重量に見合うか微妙な性能。加速型としての運用には厳しい性能。
重火力兵装ではセットボーナス強化Ⅱを使用しても超過するため、どこかしら武装をケチる本末転倒を強いられる。hw脚で仕上げる方が役割に適した構成を狙えるだろう。
支援兵装であれば載せきれるため、hw脚よりは加速に適する脚、として出番が見込める。

2/9 Z.t.-Ω 支給開始
名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
Z.t.-Ω 520 D A- E+ B+ B+ 2.2
比較パーツ
Z.t.-Σ 490 D B+ C+ B- B 2.4
Z.t.-Φ 510 D+ S- D- C+ C+ 2.1
もとよりZ.t.系統は重量に対して性能は控えめだが、セットボーナスは超強力なダッシュ付。
同ブランド内で見ると、強いてΣ頭から変更するような理由もない微妙性能。
大きく突き出た扁平な顔面と、巨大な角に惹かれたならば装備してもいいだろう。

名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
Z.t.-Ω 1220 D B+ B- C+ D 2.1
比較パーツ
Z.t.-Λ 1140 D B C- B B 2.0
Z.t.-Φ 1210 D A+ D B- B- 2.2
ブーストとSP供給の両立は強力だが、軽量型の生命線たるDEFを捨てて撃破されてはSP供給を高める意味が無い。
高機動力を生存性につなげる立ち回りを心がけよう。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
Z.t.-Ω 730 D E+ A B- E 0.4
比較パーツ
Z.t.-Φ 740 D+ D- B+ A- D- 0.6
チップのΛ、予備弾数のΣ、武器変更のΦ、そしてリロードのΩという棲み分け。
それぞれ明確に用途が分かれているため、総チップ数や装備に合ったものを悩まず選べるはず。

名前 重量 装甲 歩行 ダッシュ 加速 重量耐性 チップ
Z.t.-Ω 920 D D- S- E E+(3080) 0.3.
比較パーツ
アスラ・閃 910 E- C S E+ E(2890) 0.6
Z.t.-Φ 900 D E A+ D- D-(3350) 0.4
PLUS:S-fv 940 D- S- S- E E+(3060) 0.6
セットボーナスにより真価が発揮されるパーツ。
ただし、各パーツは軽量型の中でも重くチップが少ない。軽めの武装ですら重量超過が発生するレベルで、総チップは最大6.0。
余剰積載量ではアスラ・閃に超軽量パーツを固めるのと同程度だが装甲で上回る。
セットボーナス強化Ⅰ+重量耐性で比べると、Z.t.-Φ脚にセットボーナス強化Ⅱの方が効率的。
なおダッシュはΩ脚にセットボーナス強化Ⅱとダッシュ1で上限警告が発生します。

例1 Ω脚
Z.t.フルセット ΣΦΩΩ
残重量650 チップ5
装甲D、ダッシュ28.35km/s
SBUⅡでダッシュ29.55m/s、残チップ2
SBUⅠ重量耐性Ⅰで残重量710 ダッシュ28.95、残チップ3

例2 閃脚
月影新/+Siw/+Sfv/アスラ閃
残重量640 チップ7
装甲E+前後、ダッシュ28.5m/s
脚部1ダッシュ2で残重量670 ダッシュ29.4m/s、残チップ2

例3 Φ脚
Z.t.フルセット ΣΦΩΦ
残重量920 チップ5
ダッシュ27.6m/s
SBUⅡのチップ3消費でダッシュ28.8m/s、残チップ2

あくまで一例までに。

・閃脚に移動チップどか盛りより硬く仕上がるうえ各性能も良好に仕上げられる。閃脚はチップ量に物を言わせた超高速スライディング移動が持ち味として残る。
・Ω脚SBUⅠ重量耐性ⅠとΦ脚SBUⅡはダッシュ僅差でチップはΩ脚が優位。ロック強化ⅠしゃがみⅠの大人気セットが可能。
・Ω脚SBUⅡは速度上限に達する最速ブラストを目指せるが、犠牲はあまりにも大きい。

Λ胴で軽量化する選択肢も、Ω脚にとってはありがたいものに。フルセット内で様々なパターンが組めます。
スポンサーサイト

XZPティザー予告武器! ですわ!

更新したつもりになってました。一か月すっぽかしての更新です。

12/8 支援兵装 特殊武器 リペアデバイスγ支給開始
名前 重量 連続使用 修理量 有効距離 チャージ
リペアデバイスγ 650 最大30秒 1200×3 70m 105秒
比較パーツ
リペアデバイスβ 620 最大20秒 200×8 100m 35秒
リペアユニットδ 640 最大12秒 1300/秒 60m 95秒
「ユニット数を2基に減らし、1基あたりの回復量を増加させたモデル。瞬間的に多くの修理を行えるため、局地的な戦闘の援護に優れる」

挙動面などのデメリットは特になく、他種のデバイスと同じ所要時間でリペア弾を発射します。
リペア弾の消費は一回の射出で20%程度。射出一回で再起動に足るリペア量なので、少し間隔をおけば5回まで連続再起動が可能です。
ユニットδよりも再起動の所要時間が短く、リチャージ効率でも上回るため他人の修理では圧倒的な効率を誇ります。
ただし、自己修復の遅さ(800/秒)からSPを回復させる時間が減ってしまうのが最大の弱点。運用では自己修復の頻度がキモです。


12/11 遊撃兵装 主武器 グリントN77D支給開始
名前 重量 威力(充填時) 装弾数充填時間 連射速度 連射精度 リロード
グリントN77D 390 580×2(2800×2) 16発×112秒 360発/分 - 1.8秒
比較パーツ
グリントN72DS 360 570×2(3500×2) 15発×123秒 360発/分 - 1.6秒
マーゲイ・サヴァート 250 920×2 7発×13 200発/分 A- 1.6秒
「ニュード濃度を高めたことにより単発の威力を向上させたニュード熱線銃。大型ニュードコンプレッサーを採用したことで、最大充填時の火力も高水準となっている。」

スペックはN72DSと大きく変わらない程度に見えますが、充填時の弾速が35m/sで早めで、精度も遊撃主武器の中では優秀な部類です。

12/14 重火力兵装 主武器 PBW-シュテルン支給開始
名前 重量 威力 装弾数 連射速度 連射精度 リロード
PBW-シュテルン 530 2280 12発×15 150発/分 A 2.5秒
比較パーツ
PBW-シャイン 510 2630 10発×17 120発/分 A- 2.3秒
「荷電ニュードの圧縮率の見直しを行い最適化を図った最新モデル。弾道制御のためのフレームに大きな改良が加えられ、抜群の精度を誇る」

抜群の精度と説明されるものの、シュトラルβやSTAR-10よりも少し下だったりします。系統内トップには違いありません。
シャインが並み程度の精度であるため、中距離のクリティカルを出すのであればシュテルンに分がありますが、距離をとりすぎるとロックオンのエイム補正を使ったクリティカルが不可能になるため精度のためだけに採用するか微妙なところです。

12/17 強襲兵装 補助武器 二連光波刃・双龍 支給開始
名前 重量 通常攻撃 特殊攻撃 属性
二連光波刃・双龍 440 斬撃Lv2(4700?/6000) Lv3(6000/5000?/4700?) ニュード100%
「新型のニュード・アクセラレーターを搭載し、帯電率を極限まで高めることに成功した強化型双剣。素早い連続攻撃が全段命中すれば絶大な攻撃力を発揮する。」

数値は下記の動画より。スパークロッドのように実は複数ヒットというようなことは無いようです。


通常攻撃は全武器中で最大の移動効率で、ブースト回復中にニーキックがわりに使うことも可能です。
特殊攻撃は高いスピード補正と丁度いいモーション時間で移動手段として優秀。威力や発生も悪くない部類。
ただ、格闘メインとして持つにはリーチの短さや、ニュード100%でDEFを貫通せず威力も強化できないの難点。

威力が通常・特殊ともに大差なく、それぞれ左右に偏った判定であるのが運用上のポイントでしょうか。

新チップ検証! ですわ!

跳ねるお嬢かわいい

11/23に追加されたチップの検証(書きかけ)です。
調査済みのものがあればコメントいただけますと嬉しいです。

・転倒耐性III(3コスト)
※よろけ/吹き飛びへの耐性が非常に大きく向上する。

よろけ耐性は1500アップでした。吹き飛びは順当に増えれば+3000ではないでしょうか。二台使用が必要なので調査は見送り。
よろけ耐性は4800となり、たとえば装甲A+やフル+Gに装備した場合は6770ダメージでよろけ発生となります。

・射撃制御最適化(2コスト)
※移動中/機体静止時/近距離ロック時に射撃に関するパラメータが少し上昇する。

ひどくフワッとした説明文ですが、移動中射撃補正、静止時射撃適性、近距離ロック射撃の複合チップです。
移動中は15~20%程度(移動中射撃補正1で25%)
静止時は15%程度(静止時射撃適性1で20%)
ロック時は録画が必要なため後日調査する予定です(近距離ロック射撃1で射撃補正3%前後、反動吸収5%)

コスト効率は非常に高いものの、各々の効果量が下がっています。
昨今のゲームスピードでは静止時射撃の価値が激減しているため、移動中射撃補正1と近距離ロック射撃1を装着した方が効果的である可能性も。

なお、静止時は静止時射撃適性としゃがみ2の関係と同様、より高い効果のみが適用されるみたいですが、
移動中射撃補正は加算されます。

・射撃制御最適化II(コスト)
※移動中/機体静止時/近距離ロック時に射撃に関するパラメータが上昇する。

開発が終わってないので完了しだい更新します

・損傷時DEF高速回復(1コスト)
※自機耐久力が一定以下の時、N-DEFの回復速度が非常に大きく上昇する。

BBX稼働直後に実装されていた不具合のチップです。
数値は下がっており、2倍速でなく1.5倍速程度。
DEF強化系チップのことごとくが低効果だったので、耐久半減時という制約を加味しても相当マシな効果と言えます。

録画が済んだら数字で出しますね。

・最大充填維持(4コスト)
※充填機構を持つ武器で最大まで充填した際、オーバーヒートしなくなる。

説明文そのままです。充填短縮にはOH耐性強化の効果もある(充填OHはAボタンを押す時間で設定されている)ため、それをさしおいて重いコストを割くほどかどうか。

■機体強化
・ジャンプ適性(1コスト)
※ジャンプ時のブースト消費量が軽減される

ジャンプ開始時のブースト消費12→8。
滞空開始&滞空継続は適用外です。ジャンプ上昇時の消費は録画が必要なため気が向けば調査します。

飛行には効果が低いものの、大きい段差を何回も超える場合や至近戦闘時のジャンプ回避で絶大な効果を発揮します。
ブーストA+のOHまでにジャンプ二回を行えばブーストS-とSの間に化ける、と捉えると効率の高さがイメージできるでしょうか。
動き方やマップで大幅に効率が変わりますが、かなり高効率なチップです。

PS! ですわ!

稼働開始から約50日でようやくの支給です

名前 重量 装甲 射撃補正 索敵 ロックオン DEF回復 チップ
PLUS:S 460 E+ A+ D C B 2.8
PLUS:S-sd 470 E B- C+ C+ C+ 3.2
PLUS:S-lw 480 E C+ B D S- 3.0
比較パーツ
シュライクW型 480 E+ A- D- B C+ 2.9
アスラ・参 490 E S D- C B- 2.7
B.U.Z.-α 490 E A- C+ D+ A 3.3
DEF回復AとS-の差は2.3秒。極めて高価な新型パーツが安価なBUZに毛が生えた程度という……

名前 重量 装甲 ブースト SP供給 エリア移動 DEF耐久 チップ
PLUS:S 1090 E+ C C+ A+ A- 3.1
PLUS:S-sd 1080 E+ D- A- A+ B- 2.8
PLUS:S-lw 1060 E B+ D- A- B 3.0
比較パーツ
E.D.G.-β 1280 D- C+ C+ A+ B- 3.2
Z.t.-Σ 1120 D- D+ B+ A B+ 2.3
ガルム68 1120 E+ A- D- B- B 2.7
軽量で高DEFな割にチップも多い。
被ダメージがまばらでDEFの価値が高いユニオンバトルでは、有力な選択肢になるでしょう。

名前 重量 装甲 反動吸収 リロード 武器変更 予備弾倉 チップ
PLUS:S 650 E E+ A C E 0.8
PLUS:S-sd 630 E E B+ A- E+ 1.2
PLUS:S-lw 680 E+ C- A- B E 0.7
比較パーツ
シュライクⅡ型 620 E E B A E 0.9
アスラ・参 670 E D- A C E 0.9
B.U.Z.-λ 630 E+ D+ BA-D1.0
性能に対してチップが高め。
同等のチップや性能となると重量700帯まで手を伸ばす必要があるので、新たな枠組みではある。

名前重量装甲歩行ダッシュ加速重量耐性チップ
PLUS:S 790 E+ A- A A E+(3210) 1.7
PLUS:S-sd 760 E A+ A S E(3040) 2.2
PLUS:S-lw 840 E+ A A+ C+ E+(3160) 1.5
比較パーツ
ガルム68 820 E+ A- A D+ D-(3430) 1.5
ガルム67U 760 E+ E+ A A D-(3490) 0.9
歩行・加速・チップ両立型だが、強襲兵装しか出せない積載量で装甲まで削る価値があるのかどうか。

加速AとSの差ですが、「加速完了までの0.81秒差の間、速度が約13%アップ」と捉える事が可能です。
数値にすると効果が高そうに見えますが、0.81秒をダッシュ全体の時間に置き換えて計算してみると効果の程度がわかるでしょう。

ブーストが多ければ多いほど加速性能差は減るため、SP供給を重視してブースト量が確保できない機体構成でもない限り加速性能を過剰に高める必要性は低い、と言えます。

BBXZP注目武器! ですわ!

まもなく稼働開始から半月。武器ランキングも入れ替わりつつありますね。
ということで、特徴的な調整がされたものを中心にピックアップしてみました。
機体パーツもグライフ65V頭やE.D.G.-β腕、θ脚など面白い位置に来たパーツは多いので、公式サイトからチェックしてみてください。

・強襲兵装

・フルオート主武器
分布が変わりつつあるフルオート武器を紹介します。
名前 重量 威力 装弾数 連射速度 リロード
ヴォルペFAM 230 400 45発×12 毎分810発 2.0秒
UK57速射機銃・弐 340 350 70発×12 毎分900発 2.6秒
UK60速射機銃 360 460 48発×13 毎分720発 2.3秒
スイッチアサルトⅢS タイプB 330 470 36発×13 毎分720発 1.9秒
現時点で早くもランキングを駆け上がっているのが、もはや別物と化したヴォルペFAM。
火力の指標となる秒間理論値、マガジン火力、リロード時間で比べてみましょう。

ヴォルペFAM:秒間5400、マガジン18000
UK57弐:秒間5250、マガジン24500
UK60:秒間5520、マガジン22080
スイッチⅢS:秒間5640、マガジン16920

隠しパラメーターの初弾精度はFAM、UK60、スイッチⅢSが高めのVOLT-RXや電磁加速砲と同等あたり、UK57弐が上記の1.3倍ほどの弾道ブレでSMGのあたりになります。
精度低下は各種ほぼ同等で、マガジン1/3ほど連射すれば大きく精度が悪化する平均的な水準。
反動はUK57弐に分があるものの、いずれも縦反動がメインのため遠距離でもなければ制御は容易い程度。

ということで、総合性能ではUK60が非常にハイレベルな武器になりました。

・ウェーブショット大幅強化
早くも一部で注目の的になっていますが、ウェーブショットの大幅強化により猛威を振るいつつありますね。
このウェーブショットX、無チャージ威力1000に上がり充填も短縮、さらにワースト級だった精度も上記フルオート武器を上回るほど強化され、単純なスペックだけ見ても一定水準に達したと言えます。

無チャージでの秒間理論値は5000、マガジン火力は15000で控えめ。
が、ウェーブショットの神髄はスペックではなく、判定の仕様にあります。

それは判定内に頭部があれば優先的にクリティカルヒットするという特徴です。
腕よりも胴が優先される仕様もあるようなので、BBX以前の旧判定そのままというようですね。

肝心のウェーブショットの判定は大まかに以下の画像。
判定
赤が無チャージ、緑が最大充填での判定です。半チャージだとその間くらいです。

CS1

CS2

CS3
で、上の画像のようなことになります。

距離を離しても判定は画面上のサイズで固定になっているらしく、相対的に攻撃範囲が増すことになって恐るべきクリティカル率を誇ります。
リロード時間の長さやクリティカルを出せなかった場合の火力不足の解決さえすれば、一線級の武器と呼べる域。脱・パーティーグッズ。

・強化型Gランチャー上方修正
強化型Gランチャーの威力が上がったことで若干の復権を果たしました。
他の目立った変化は、変則起爆弾タイプBの威力が上がったくらいでしょうか。
パイロダート系統は拡散率が二回りほど大きくなりましたが、精度も上がったので大した変化になっていません。

補助武器、特殊武器はほとんど据え置き。

・重火力兵装
・主武器
名前 重量 威力 装弾数 連射速度 リロード 連射時間 OH時間
ウィーゼル・ラピッド 320 430 220発×7 760発/分 3.0秒 4.5秒 2秒/1.8秒
ウィーゼル・オルタ 340 450 200発×7 700発/分 3.5秒 4.4秒 1.8秒/1.6秒
GAX-ファフニール 520 210 360発×7 1500発/分 3.5秒 8秒 4.8秒/3.8秒
理由不明の大幅強化がされたウィーゼル・ラピッドが急上昇。
既に不動の人気を獲得している通り、軽量さに対して非常識なまでの性能を有しています。
それぞれ秒間理論値は、

ラピッド:5447
オルタ:5250
ファフニール:5250

さらに、ラピッドはオルタと精度面でも上、反動も低い、と至れり尽くせり。

ここまで見れば圧倒的に感じられますが、ガトリング系統は射撃による精度の低下が一切無いことはお忘れなく。
とくにファフニールは精度自体が極めて高く、低反動の高速連射なので反動の制御も容易です。

他にも強化された主武器は多数ありますが、活躍する場面が狭すぎたり癖が強すぎたりするので紹介は控えます。

・副武器
サワード・コングの威力が向上したことで、一定の復権を果たしました。
ブレイズランチャー系統が継続ダメージ寄りに調整され、ブレイズXの弾数が3発になったことで移住先が好みによって分かれている現状です。
また、高弾速・高威力とベース外コア攻撃のグランドバスター系統は早くも人気を獲得していますね。

補助武器と特殊武器は大きく変わらず。

・遊撃兵装
全体的には細かい変化ばかりです。

主武器ほぼ変わらず。
副武器はジャンプマイン系統、スティッキーボム系統が大きめの強化がされ、絶火とボーライドが吹き飛びダウン困難な威力になりました。
補助武器は偵察機が微強化されたほか、モスキート系統が大きめの修正あり。
モスキート系統は当たり判定が倍化し、飛行速度が激減したため乱戦に特化した仕上がり。格段に破壊されやすくなったものの、飛行速度低下により定点の敵機に火力が集中しやすくなりました。
特殊武器はほとんど変わらず。

結論としては、プラント戦重視なら絶火・ボーライドのかわりに投擲武器を持つかどうか、という程度の変化に。

・支援兵装
・ネメシス系統大幅強化
名前 重量 威力 装弾数 連射速度 拡散率 リロード
スマックショットSP 250 450×10(4500) 6発×9 50発/分 2.6秒
LSG-ラドゥガ 310 780×6(4680) 4発×8 42発/分 極小 3.4秒
CLS-ライオ 250 410×10(4100) 3発×14 90発/分 大~極々小 1.8秒
SLS-ネメシスβ タイプA 340 480×10(4800) 6発×9 60発/分 3.4秒
SLS-ディザスター タイプA 360 680×6(4080) 6発×10 60発/分 2.9秒
ネメシスβは重量・リロード時間と引き換えに火力面が強化されたスマックSPであり、瞬間大火力のタイプBがついてくる。
拡散率の差による射程の差は、ズーム倍率の差により埋まるところがポイント。そのぶん敵機を捉えにくくもなるのがネック。

ディザスターは軽量型をノックバックできる威力と取りまわしの良さ、タイプBで手負いを始末できる独自のポジションへ。
ライオに比べて充填時の長射程を持たないものの、リロード回数を減らせるため鈍重な高装甲な腕パーツでも扱える強みがあります。他兵装からの乗り換え重視で便利になります。

いずれもタイプBを多様すると瞬時に弾が尽きるため、味方との協働時や手負いの相手など、切り替える機会をキッチリ決めておくと撃破漏れを低減できます。

FC2Ad