ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の武器支給ですわ!

熱い視線のお嬢かわいい。

SATELLITE NEWS
【新武器】
狙撃兵装 特別装備『EUS-TLZ』を支給開始!!
【BB.NET】
『BB×BBコラボキャンペーン』は★本日最終日★ チケットを集めてコラボアイテムをゲットしよう!!

名前 重量連続使用装弾数リチャージ有効距離 威力 連射速度 リロード
EUS-TLZ 400最大40秒5発×∞60秒? 1000 ? ?
EUS-T1 350最大90秒20発×∞50秒50m 300 360発/分 3.4秒
EUS-T2 360最大60秒50発×∞35秒40m 100 900発/分 2.2秒
「弾体に圧縮ニュード弾を採用した、最新鋭の自律攻撃ユニット。対象の捕捉範囲は前方90°に限られるが、射程・威力ともに大きく向上している。」

射程は60~80m、リロードは4.6秒あたりでしょうか?
EUSは敵ブラストの腰(爆風判定がある場所)を狙うため、絶妙な距離から高度をとればクリティカルも可能です。なかなかの高威力になるため、連射速度によっては脅威になる……かも。

ユニオンバトルにおいても、下位Droneを一撃破壊できるため、開幕奪還戦専用で狙撃兵装を出す際の選択肢になります。
フルタイム狙撃においてはマグネタイザーの方が優位と言わざるを得ない。


なお、先週の更新はサボりましたが、BBコラボ武器は全て重量低下と引き換えに性能も下がっています。
特にユキアネサは、表記が無く全威力が300~500ほど下がっているのは罠ですね。
スポンサーサイト

新武装と調整されたSBRですわ!

欲張りお嬢かわいい。

SATELLITE NEWS
【特報】
6/22(日)まで、各種ボーナスバトルの確率大幅アップ!!
【新武器】
支援兵装 特別装備『リペアユニットδ』を支給開始!!

名前 重量 連続使用 修理速度 有効距離 チャージ
リペアユニットδ 640 12秒 A-(1500/秒) 60m 95秒
リペアユニットβ 600 8秒 C+(1000/秒) 80m 25秒
リペアユニットγ 580 5秒 A- 40m 30秒
「修理効率を高めつつ、エネルギー容量の大幅な拡張に成功したリペアユニット。エネルギー回復効率には問題が生じたものの、連続で多量の修理/再始動が可能。」

※1秒あたり換算の修復可能時間リチャージ量※
δ:0.13秒
β:0.32秒
γ:0.17秒
回復効率に問、題……?



全国対戦のマップはマデルロンド大空洞~結集の灯火~。調整後では初のサテライトバンカーRが登場ですね。
あらためて、調整項目は以下の三点です。

・運搬適正チップの効果が減少
運搬適正2 同 0.5倍(800) → 0.7倍(1120) 、 コスト 3 → 2。
コスト減ぶん重量耐性1を使用すれば実質は重量+240ですが、最速運搬にはダッシュ一段階は落とさないと無理になったわけですね。

・サテライトバンカーRの制限時間短縮
どれほど短縮されたか要チェックです。

・リスポン位置を後方に調整
こちらも要チェック。

新型クラッカーとユニオンバトルですわ!

集中お嬢かわいい。

SATELLITE NEWS
【新武器】
強襲兵装 副武器『60型クラッカー』を支給開始!!
【協力戦】
ゲルベルク要塞跡に『ジーナ』出現!! 『ユニオンバトル』★開催中★

名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 リロード 起爆時間
60型クラッカー 130 9000 1発×5 半径15m 0.8秒 2秒
41型手榴弾・改 110 14500 1発×3 半径14m 1.4秒 1.5秒
「爆発範囲を集中させることによって破壊力を高めた着発式グレネード。着弾、または投てき後2秒で起爆する。」

威力を弾数に寄せた41改といったところでしょうか。
強化Gランチャーに迫る性能にも見えますが、系統最速の40クラッカーでさえ弾速が下回ります。60型クラッカーは果たして。

ユニオンバトルに関しては 前回 に書いてあります。
しつこいようですが、奪還戦はGプラントを目標にどうぞ。

ゲルベルグ迎撃戦リベンジ前夜!

逆襲お嬢かわいい。


明日より、ユニオンバトル・ゲルベルグ城塞跡でのアルド・シャウラ迎撃戦が始まりますね。

約一年ぶりのマップとなりますので、要点をまとめておきたいと思います。出先更新で読みづらいですが、ご勘弁を。

・プラント奪還戦
ゲルベルグは奪還戦の結果が勝敗に大きく影響します。
なるべく序盤は5人2チームで動き、機兵を占拠範囲内に入れないよう心がけて、機兵が増える後半に時間を回したいところ。

取るべきプラントはA~Fまで順に進んで問題ありません。吸収装置や中盤の突入で役立ちます。

問題は、最後に残るG/H/Iの3プラント。
HとIには、まったく価値が無いところは要注意です。リペアポッドが無く、吸収装置や突入もG/Fがあれば余裕で届きます。
そのため、奪還戦序盤からチャットを打ち、Gプラントに4人以上が動いて貰えるようにする必要があります。

奪還戦の最終段階で限界まで敵が湧くため、少数が向かったところで犬死にするだけ。割り切るラインも見定めたいですね。

・対艦戦~序盤~
対艦戦の序盤は、Gプラントが取れていればトイレネオが可能になります。
開幕からロケットの射程内で、右脚三歩目がトイレ直上に来るため安全確認は怠らないように。
練度の高いチームなら、初回オーダーまでに補助動力攻撃も視野に入ります。

Gプラントが取れなかった場合には、開幕にNeLISを撃ち、Fトイレまで下がりながらネオを撃ち尽くす流れに妥協するしかありません。
1分くらい経てばFトイレから前部の砲台は射程内になります。

ちなみにGプラントを取れなかった場合の保険として、プラズマ/チャージカノンMk-2とUADで序盤の対艦火力を誤魔化す手段もあります。
が、中盤以降で効率的に火力を回すハードルが高いため、結果的にマイナスとなる可能性もあるので一長一短。

・対艦戦~中盤~
初回大ジャンプ後は、アルド・シャウラは大トーチカ周辺を移動します。
使用トイレはアルド・シャウラの位置に応じてB/C/Fあたり。
Fトイレはジャンプから間もなく使用期限が来るので、最初からCに移動して前部砲台を叩いた方が良い場合もあります。Bトイレは射程外に注意が必要ですね。

・対艦戦~終盤~
終盤はベースから砲台か、Bトイレから前脚の補助動力を叩きます。
補助動力が後脚にある場合は、安全性の高いベースを使う方がいいでしょう。
ここまで来たら味方のペースも把握できるため、巨大兵器機能停止を圧勝か、残60秒以降のベース防衛に使うか判断しておきたいですね。


・ベース防衛
ベース防衛はほとんど全ての敵が正門から来るため、わざと巨大兵器を再起動させて砲台地獄にしない限り難易度は低め。
目の前に艦首チャージカノンがありますが、Ver.4.0で弾速が半減したので油断しなければ回避は簡単になりました。

Sバンカーによる巨大兵器停止で砲台を再起動させるか否かで難易度が激変するので、残時間は要注意です。
平均的なチームでも、前部砲台の全破壊には40秒以上を要するため、残時間は約60秒を目安に停止させると完璧でしょう。
巨大兵器再起動から20秒程度であれば、敵の再配置からベース到達まで耐えられます。

圧勝の望みが無く、砲台破壊用のSバンカーも余っている場合などは迷わず停止させ、ベース防衛までに補助動力を叩くなどの判断もあります。


・プラント防衛
各プラントで述べていたら大変なことになるので要点のみを。

まず、敵の出現位置がプラントから少し遠目になっています(調整される可能性もあります)。
そのため、占拠範囲外から攻撃し、プラント到達前に撃破する重要度が高いマップです。
逆に占拠範囲内は安全地帯から射線が通りにくいため、敵に有利です。
出現位置の背後を取れば極めて素早い撃破が可能ですが、全Droneにタゲられるため撤退判断にモタツくと防衛失敗になりがち。
背後からリスキルする味方を確認したら、Droneを重点的に狙い、機兵は背後からのリスキルに任せるとwin-win関係になりますね。

リフトはIプラントくらいしか無いため、リフトキルの機会は少な目。撃破力が試されます。


・巡航爆雷迎撃
北西の壁と大トーチカが邪魔になるため、初回の巡航爆雷は大トーチカ周辺から迎撃しなければなりません。初回爆雷でベースに移動は最悪手です。
大トーチカ上は目の前を通る爆雷がいくつかあるため、ネオチャンスでもあります。
また、初回のみトーチカに設置されたガンターレットGが活躍します。射角の関係から大ジャンプ以降は役に立たないので気をつけてください。

大トーチカ以降の爆雷は、主武器メインかネオ/UADメインかで、C周辺かベース周辺での迎撃になります。


・ニュード吸収装置破壊
巡航爆雷と同様、壁と大トーチカで視界が遮られる点が厄介です。
マップに映る味方を見て、Gプラント周辺の「壁の裏側」やFプラント側の「大トーチカ裏側」に回るか、北東の端や「大トーチカ表側」に回るか判断してください。

遠距離から視認/破壊できない難所はベース側から順に、列車砲周辺の倉庫壁面、倉庫の反対側にある建物の裏側、大トーチカ壁面(特にガンターレットG真横)、大トーチカ北部の溝、北西の壁の裏側、北東の塹壕地帯の入り口。

他はカタパルトや大バウンダーで視認できる位置がほとんどです。
北東はカタパルトに乏しいため、向かう人数が居ないなら優先的に動いた方が達成しやすいでしょう。・巨大兵器突入
直近のバレリオに比べて、ほぼ必ず大バウンダーと被さるよう移動するため、停止タイミングがシビアになります。
そのかわり、拡大全域マップ時に表示される突入可能バウンダーの表示が他マップより高精度です。
停止時に全域拡大マップを表示する癖は付けて損無し。慣れない間でも、停止中にプラント侵攻チャットが出たなら確認してみましょう。

最近はイヤホンをしないプレイヤーが散見されます。イヤホン無しは多大なデメリットを抱えてプレイしているので、特別の事情が無い限りは用意することを強くオススメします。

・まとめ
アルド・シャウラ戦としての難易度は、対艦・突入・ユニオンオーダー・ベース防衛どの点も中程度です。
プラント奪還戦の影響が強く、各種施設の少なさから基本的なテクニックが問われるシンプルなマップでもあるため、周到な準備がそのまま結果に出るところもあります。

時報の開催もあるようですね。ブーストチケットも実装されたので、一気に稼ぐチャンスかもしれません。

リペアマシンと新たなスクランブルバトルですわ!

トンズラお嬢かわいい。

SATELLITE NEWS
【新武器】
要請兵器「リペアマシン」実戦配備!!
【イベント】
オルグレン湖水基地でニュードを巡る争いが勃発! 『スクランブルバトル』★開催中★



名前 重量 威力リチャージ 装弾数 連射速度 有効距離
BA:リペアマシン 680 600B 70発 240発/分 100m
「Aボタンを押し続けて設置すると一定高度まで浮上、周囲の味方に修復用ニュードを放つ自律修理装置。設置後に60秒が経過、またはエネルギー切れで消滅。」
リペア先生βの修復速度とγの射程を併せ持ち、なんと耐久20000。ガンタレもターゲットに取るようです(施設も?)。
もちろん自己再起は不可。

・スクランブルバトル
今週の目玉は、なんといってもスクランブルバトルの新マップと、システム調整。
初日たるマップは置いといて、システム調整について今回は見ていきます。


スクランブルバトルの戦闘npやマッチ帯が変更されたことが公式サイトで告知されました。

撃破した相手から奪うnp 10% → 5%
撃破した相手から奪うnpの上限値 10np →  25np
大破時にニュードを落とす割合 (所持量の)20% → 15%

ニュード大量噴出で出現するニュード量 100np → 150np
1バトル中のニュード大量噴出の発生箇所 8箇所 → 5箇所

マッチング
SR01~SR03/SR04~SR05/SR06~SR10

SR01~SR03/SR04~SR10

数字を見ただけではパッとしませんか? 実際のnpを当てはめてみましょう。

所持np 損失np 撃破/大破(変更前) 損失np 撃破/大破(変更後)
100 10/18 5/14
250 10/48 13/35
400 10/78 20/57
このようになります。端数切り捨てかちょっと怪しいので前後しますが。クリティカル撃破の場合は、撃破損失が更に5npですね。

変更による要点をまとめると、

(1) 戦闘npは撃破の比率が少し上がった
相対的に試合序盤~中盤の大破の影響が小さくなるため、挽回しやすくなった。とも取れます。

(2) 300np以下の(=光っていない)敵機を撃破する旨味が減った
モリモリ撃破して追い上げる人には痛い変更。光っていない相手は、結晶回収より割に合わないケースが増えます。

(3) 規定値目前の(=画面右ランキングが光っている)敵機を撃破する旨味が大幅に上がった
ただし、被撃破の損失も下がっているので何ともいえません。

以上の三点です。印象としては、マッチング変更による実力格差の中、規定値達成が起こりにくくしたように見受けられます。
この変更がどう作用するか、今週の様子が気になりますね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。