ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカッドバトルでしたわ!

スカッとするお嬢かわいい。

スカッドバトルとは、4vs4の対象マップ対戦モード。イベントバトルとして行われます。

場所はネソス島のマグメル演習場で行われます。
5セルを一直線に繋ぎあわせた、非常に狭いマップ。対象マップとはいえ、感覚的には少人数でのスカービ渓谷に近いです。
ロケテストで使用されたマップの他にも演習場の種類はあるようです。

基本的には全国対戦に準拠するものの、スカッドバトルのみの特徴が幾つかあります。

(1)自動砲台が大量に配置されている
少人数ゆえベース防衛の負担を軽減させようというものでしょう。とはいえ、無傷の熟練者が相手では手榴弾ふたつは余裕で入れられてしまいます。
もちろん自動砲台を破壊しておくことは、それだけコア攻撃を確実にできることにつながります。特定方向の数基を破壊しておくだけでも劇的に変わるため、後述の陽動ついでに破壊しておく戦法は有効かもしれません。
一方で、人数が人数のため、施設修復に時間を割くことは致命的。施設破壊そのものを防ぐ意識の方が重要と言えましょう。

(2)ベース周辺の地形が複雑
ロケテストで使用されたマップのみ、という可能性も考えられますが、ゲームバランスを鑑みるに狙って複雑にしているようにも思えます。理由は以下の通り。

スカッドバトルでコア攻撃に向かうということは、全国対戦での10人中1人の欠員ではなく、4人中1人の欠員であるため、前線にとっては二倍以上の負担です。
いかにコアゲージを削れるといっても割に合わないというか、リスキーすぎる選択肢になってしまいます。

そこで、ベース前で陽動に切り替えることで相手にプレッシャーを与え、一人と言わず二人、三人と陽動に成功できるチャンスを作りやすくしたのではないでしょうか。
上述の通り、いかに自動砲台だらけとはいえ、ベースに到達してしまえば瀕死でもない限りコア攻撃は難しくありません。ベース周辺をウロウロされる焦燥感は極めて大きいものです。

中央セルは開けていて視界が良いため、なかなかベース前まで到達できません。
しかし押し込まれてしまった劣勢時であれば手薄になるため、ベース前まで到達できるチャンスが増えます。劣勢時のカウンター陽動で戦線を押し戻す、という手段は覚えておいて損は無いでしょう。

何にせよ、「ベース周辺まで到達させない」がキーポイント。
ベース周辺に来られてから対処するのではなく、中央セルで止められるよう工夫を凝らすことが重要です。

(3)試合時間400秒
そのため要請兵器は基本的に一回ぽっきりに近いです。ほぼワンダ○スキ○ですね。
大逆転を狙って四人同時に使用するか、優勢を保つため手分けして使うか、などなど研究の余地があります。


こんなところでしょうか。機体・兵装・装備の構成は現段階なんとも言えません。
個人的な意見ですが、強襲兵装以外でも長距離を一気に移動できる加速、陽動時に強力なバーストチャクラムV、高低差に構わず近距離から範囲攻撃可能なインパルスカノン、最大のネックだった索敵範囲が問題にならないストーク偵察機、あたりが他モードより輝くのではないかと踏んでいます。
スポンサーサイト

スクランブル武ロケテスト・追加要素・仕様変更点まとめですわ!

たけしお嬢かわいい。

機体調整 → http://ojouni.blog.fc2.com/blog-entry-93.html
武装・チップ調整 → http://ojouni.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

まずはpop記載の情報と解説から。なお、筐体ティザーはBB.TVと同一のものです。

・新素材「シード」追加
レア度が低い順に、「コアシード」「ライトシード」「ナチュラルシード」「ディープシード」です。
シードの入手方法は以下の通り。
続きを読む

スクランブル武ロケテスト・武器・チップ調整情報ですわ!

機体パーツ調整情報は こちら

機体パーツに比べて、調整された量は多くありません。

強襲兵装
・D90デュアル
装弾数 90発×18 → 100発×18
・D90カスタム
装弾数 110発×18 → 120発×18
・D92ジェイナス
装弾数 170発×12 → 180発×12
連射精度 D- → D
・D99オルトロス
装弾数 90発×20 → 100発×20
・D102アシュヴィン
装弾数 56発×22 → 62発×22

・S90アイビス
重量 290 → 260
・S90アイビスC
重量 320 → 290
・S95シーガル
重量 340 → 320
・S100アルバトロス
重量 360 → 340

・39型クラッカー
威力 6500 → 6800

・パイロダート
爆発半径 10m → 11m
・PD-ステーク
爆発半径 9m → 10m
・PD-スティンガー
爆発半径 12m → 13m

・ブラスターガン
威力 740 → 820
・ブラスターガン改
威力 520 → 580

・マーシャルソード
重量 430 → 410
・SW-ティアダウナー
重量 600 → 560
・SW-エグゼクター
重量 740 → 700

続きを読む

スクランブル武ロケテスト・機体パーツ調整情報ですわ!

ほぼ全パーツのチップスロットが+0.1されました。
購入条件も大半が緩和されていますが、あまりにも作業量が多すぎるので割愛します。とにかく減っています。どうしても、というものがあればコメント欄に一報ください。
なお、旧データは試作型強度試験装置さん( http://bb.libris.jp/ )から拝借したものです。いつもお世話になっております。

頭パーツ
頭パーツは索敵型・ロック型の射撃補正を含めた性能アップと、DEF回復の調整が主です。
DEF回復のステータス値は幾つか検証しましたが、どうやら変わっていない模様。そのため、DEF回復B-以上は上がり幅が小さいので、強化されても嬉しくないパーツが幾つかあります。

・クーガーⅠ型
チップ容量 2.0 → 2.2
・クーガーⅡ型
DEF回復 C+ → B-
チップ容量 2.2 → 2.3
・クーガーS型
射撃補正 B+ → A-
チップ容量 1.7 → 1.8

・ヘヴィガードⅠ型
チップ容量 2.2 → 2.3
・ヘヴィガードⅢ型
1.9 → 2.0
・ヘヴィガードⅣ型
DEF回復 C → C+

・シュライクⅠ型
ロックオン C+ → B-
チップ容量 3.0 → 3.1
・シュライクⅡ型
DEF回復 A- → A
チップ容量 3.1 → 3.2

・ツェーブラ38
チップ容量 2.3 → 2.4
・ツェーブラ39
チップ容量 2.6 → 2.7
・ツェーブラ41
射撃補正 A- → A
・ツェーブラ48C
射撃補正 B+ → A-
索敵 A+ → S-
チップ容量 2.4 → 2.5
続きを読む

ディテクターですわ!

みぃ~つけたお嬢かわいい。


名前 重量 連続使用 感知距離 チャージ 索敵継続時間索敵成立
NDディテクター 240 最大30秒 C+ 35秒 5秒?秒
NDディテクターH 280 最大40秒 D- 40秒 5秒?秒
「ニュードモーターの発熱を感知し、敵ブラストの状態を視覚化してスコープに投影する補助装置。範囲内に捉え続けた敵の情報を、友軍に通知する機能も兼ね備える」

NDディテクターHは購入条件 スカウター/金 × 20個 or ユニオンレベル Lv.50

索敵距離を固定+超・高感度索敵といったところでしょうか。
頭の索敵性能に関わらず、またチップも不要。しかし、光学迷彩などを外すほどには思えませんが……。

なお、今週はチェンクロコラボが本日より開始、1日1バトルキャンペーンが今週水曜日に終了となっています。
今週と来週それぞれ10試合でコンプリートなので計画的にどうぞ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。