ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7周年で7げますわ!

投げ遣りお嬢かわいい。

どうやら投擲武器(ひとつハンドランチャーだけど)が四週連続で支給されるようです。
9/12 強襲兵装・変則起爆弾 支給
9/20 遊撃兵装・バインドダート 支給
9/26 支援兵装・グラスホッパー 支給
10/3 重火力兵装・AN手榴弾 支給

名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 リロード時間 起爆時間
変則起爆弾 タイプA 150 7600 1発×5 半径26m 1.4秒 1.5秒
タイプB 7600 半径16m 5.0秒
変則起爆弾 タイプA 130 6800 1発×7 半径24m 1.0秒 1.0秒
タイプB 6800 半径14m 5.0秒
比較パーツ
41手榴弾・改 120 13500 1発×3 半径14m 1.5秒 1.5秒
60クラッカー 130 8500 1発×4 半径15m 0.8秒 2.0秒
バーストチャクラムV 230 9800 1発×3 半径13m 1.0秒 3秒(滞空時間)
「装備中武器を再選択することで、起爆方式を切り替え可能な特殊グレネード。タイプAは時限信管式となり、投擲から1.5秒後に起爆する。タイプBは5秒間の時限信管に加え、設置展開後は敵機接近を感知した際にも起爆。」

購入条件
変則起爆弾・改 撃破章×10 or ユニオンレベルLv.15

手榴弾と、動かないホバーマイン・飛ばないバーストチャクラムへと切り替えな感じでしょうか。既に流れている動画では、タイプBは下投げとなります。
タイプAのだだっ広い爆発半径に目を惹かれますが、元の威力が威力なのでノックバック発生や罠撤去向けの印象。以下の通り。

初期型で6600ダメージ圏3m、3300ダメージ圏14m。
41強化手榴弾・改は6600ダメージ圏7m、3300ダメージ圏10m。
60クラッカーが6600ダメージ3m、3300ダメージ9m。


名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 効果持続 リロード時間
バインドダート 230 4500 1発×6 半径8m 1.2秒 1.2秒
バインドダートS 260 3500 1発×8 半径10m 0.8秒 1.2秒
「電磁気制御されたニュードを内蔵し、電極針から放出する電磁爆弾。軽度の損傷力に加え、敵ブラストには移動不能と行動鈍化の機能障害を与えられる」

購入条件
バインドダートS バトルアシスト/金×5個 or ユニオンレベルLv.50

ニュード100%で飛翔弾判定の珍しい武器です。
特殊効果がメインであるため、爆発拡大チップでの効果拡大をさせないためでしょうかね。

半径が最低クラスの狭さであるため使いどころは限られそうですが、スタングレネードがわりに持ちつつ偵察機の両立が可能というメリットはあります。
ただし、狙撃銃が無くなるので即死コンボに至らないというジレンマ。

名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 リロード時間 連射速度
グラスホッパー 300 7000 2発×3 半径16m 3.2秒 120発/分
グラスホッパーS 330 5000 3発×3 半径18m 4秒 150発/分
比較パーツ
ホバーマインX 200 7600 1発×4 半径22m 1.2秒 -
N60デトネーター 260 5600 2発×4 半径17m 3.2秒 120発/分
「球型リモコン爆弾を投射する特殊銃。投射後、設置時の衝撃によりニュードが膨張して跳躍し、放物線軌道を繰り返して前進する。跳躍運動開始後、Bボタンで起爆可能。」

購入条件
支援章×10 or ユニオンバトルLv.50

スペック上かなり優秀に見えますが、跳ねる高さは7m前後。弾速もかなり遅めで、ホバーマインVと同等くらいのようです。
跳ねることで背の低い遮蔽物を超えられるメリットこそあるものの、仕様変更によるデメリットも抱えます。
すなわち、爆発距離の判定が腰から右膝へ変更されたこと、ほぼ確実に上半身ヒットになること。以上の二点です。



名前 重量 効果持続 所持数 爆発半径 装甲低下 リロード時間起爆時間
72型AN手榴弾 170 5秒 4 半径22m Lv2 1.0秒1.0秒
72型AN手榴弾・改 180 3.5秒 5 半径30m Lv1 1.0秒0.7秒
「電荷を帯びたニュードガスを発出する特殊手榴弾。NCメタル内のニュード濃度を下げることで敵装甲の耐久性を低下させる。」

72型AN手榴弾・改 購入条件
戦友章×5 or ユニオンレベルLv.30

装甲低下率は検証してみないと何とも言えませんね。ECMやインパクトボムに比べて若干重く、自機の被弾は抑えられない点がどうなるか。

・追記
検証してきました。効果は装甲等を反映した最終ダメージに作用するようです。倍率は初期で1.5倍、改で1.3倍。
たとえば装甲A+に72型AN手榴弾を使用した場合は、×0.71に1.5倍で、1.065倍のダメージとなります。
よろけ/転倒の値やDEFへのダメージにも作用するので、計算上は威力に倍率をかけると考えていいでしょう。装甲が低いほど効果が高いことになりますね。

サシでの射撃戦であればECMやインパクトボムの方が効果が高い感は否めないところですが、大破が出やすくなる点は強力と言えましょう。

余談ですがフルロージーEVEの近接強化Ⅲラベージパイクを、全身装甲EにAN手榴弾をかけた相手に繰り出すと90000ダメージを越えます。ガードⅢとエナジーバリアⅡでも耐えられません(近接防御も挿せばギリギリ耐えます)。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。