ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊撃主武器初追加! ですわ!

鯖より秋刀魚派のお嬢かわいい

名前 重量 威力 装弾数 連射速度 リロード 秒間理論値/マガジン火力
マーゲイ・サヴァート 260 920×2 7発×10 200発/分 2.0秒 6133/12880
比較パーツ
マーゲイ・ストライフ 250 500×2 9発×17 360発/分 1.3秒 6000/9000
マーゲイ・バリアンス 270 430×2 6発×26 480発/分 1.0秒 -/5160
レヴェラー・ブルート 240 420×2 15発×16 360発/分 1.7秒 5040/12600
レヴェラーRR 230 240×2 24発×12 600発/分 1.4秒 4800/11520
D99オルトロス 320 260×2 36発×12 540発/分 1.8秒 4680/18720
D102アシュヴィン 340 270×2 30発×13 540発/分 1.6秒 4860/16200
ワイドショットX2 280 130×3×2 14発×11 480発/分 1.6秒 6240/10920
「リボルバー方式を採用したハンドガン。マーゲイシリーズの中でも圧倒的な破壊力を誇るが、その真価を発揮するには非常に高度な射撃技術が求められる。」

購入条件
遊撃章×15 or ユニオンレベルLv.100

ルミノチップ×3使用

高難度になり、総合性能も増したストライフといったところ。
間違いなく高反動ながら連射精度B+、精度もおそらく高いでしょう。スペック上の性能はダントツです。

レヴェラーRR/CVのリロードのアレがリボルバーかショットガンか、というモーションだったところに意外な形でオチが来ましたね。

通常のリロードモーションでした。
例のモーションはダブルショットガンの線が濃厚となりましたね。

10/26 支援兵装 主武器 ASG-スタンピード 支給開始
名前 重量 威力 装弾数 連射速度 拡散率 リロード
ASG-スタンピード 330 150×10(1500) 11発×12 240発/分 1.7秒
比較パーツ
F70M対装甲散弾銃 300 最大240×8+約2160(4080) 6発×12 120発/分 2.2秒
ASG-スィーパーRX 200 190×8(1520) 13発×15 240発/分 特大 2.0秒
「大型フレームの採用により損傷能力の高いショットシェルと高い連射力の両立を実現させたスィーパー。拡散範囲も抑えられ、ハイバランスな仕上がりとなっている。」

購入条件
撃破章×20 or ユニオンレベルLv.100
真鋼テクタイト4個使用

スィーパー系統としては冗談のような外観と重量ですが、性能は強力なショットガン各種の水準まで上がっています。
F70Mは充填短縮Ⅱチップ装着で連射速度は約48発/分なので、火力効率で見ればスタンピードが上。
ですが、直撃の命中率によるダメージ差、有効打の出る射程距離を加味すると対装甲散弾銃の安定感が強力という点は揺るないですね。
速射なぶん至近距離での強さを織り込みつつ、他ショットガンより有効距離が長めというあたりを活かす絶妙な立ち回りにフィットしそうです。

10/28 重火力兵装 主武器 VFTディソーダー 支給開始

名前 重量 威力 装弾数 連射速度連射精度 リロードOH耐性OH時間/冷却時間 秒間火力/OH火力
VFTディソーダー タイプA530 730 80発×8 450発/分B 3.4秒3.5秒2.0秒/1.8秒 5475/19162
タイプB 490 1080発/分充填2.0秒 2.2秒 8820/19110
比較パーツ
GAX-ファフニール 520 210 360発×7 1500発/分E- 3.5秒8.0秒4.8秒/3.8秒 5250/42000
双門機関砲・轟鉄 540 690 100発×6 540発/分B- 4.2秒2.6秒1.9秒/1.5秒 6210/16146
VFTライオット タイプA 470 700 72発×7 450発/分B- 3.6秒4.5秒1.8秒/1.6秒 5250/23625
タイプB 440 1080発/分充填1.0秒 2.0秒 7920/15840
「威力を追求した強化型切り替え式機関砲。タイプAでは高威力のフルオート射撃が可能だが、砲身が加熱しやすく射撃時の反動も大きいため、扱いにはやや慣れが必要。タイプBの高速連射による殲滅力は凄まじく、攻撃目標の耐久力を瞬時に奪い取れる。」
購入条件
重火力章×25 or ユニオンレベルLv.100

タイプBで新品を倒し切れそうで倒せない絶妙なシビアぶり。
クロスファイアで一気に片付ける際に活用する運用はライオットに近いと思います。


10/30 強襲兵装 主武器 SSG7C-タイフーン 支給開始
名前 重量 威力 装弾数 連射速度拡散率 リロード 秒間理論値/マガジン火力
SSG7C-タイフーン 230 370×8(2960) 4発×18 150発/分 1.6秒 -/11840
比較パーツ
SSG7-ゲイル 170 260×7(1820) 6発×18 240発/分 2.0秒 -/10920
SSG7-ガスト 210 300×10(3000) 2発×25 240発/分 1.2秒 -/6000
「運用性の向上を目指して設計の見直しが図られた、SSG7-ガストの改良モデル。高い威力と実用的な装弾数を併せ持つ、ハイバランスな仕上がりとなった」
購入条件
撃破章×30 or ユニオンレベルLv.100

ヒット&アウェイ用としては微妙なマガジン火力と重量。ハイバランスな一方で中途半端な感も
スポンサーサイト

チップ検証二回分! ですわ!

スシースキヤーキテンプーラーお嬢かわいい。

8/8追加のチップと10/11追加チップの詳細報告です。
一部、詳細でないチップもありますがご愛嬌。

8/8追加チップ

・自動修復
残耐久6000以下の際、10秒ごとに600回復
クールタイムの蓄積とかは調べていません。あっても実戦では誤差レベルですが。

・アンチスタビリティⅢ
よろけ/ふきとびダメージを+10%
同コストのプリサイスショットⅡがダメージ+12%なので、クリティカルよろけ狙いの単品では下位互換です。
よろけ/ふきとび閾値が旧バージョンの数値になると考えると計算が楽ですね。

・DEF回復範囲拡大Ⅲ
回復範囲200m→300m(+100m)。
今のところ3コストの価値は無いです。DEF連携回復の方が強力。

・リニアDEF回復Ⅲ
DEF回復時間最大-20%……くらい。
ネタ枠。

・耐衝撃射撃姿勢Ⅰ
弾道/反動補正+25%、よろけ耐性+1000、ふきとび耐性+2000
しゃがみⅡが同コストで+35%です。

・耐衝撃射撃姿勢Ⅱ
弾道/反動補正+40%、よろけ耐性+2000、ふきとび耐性+3000
しゃがみⅢが同コストで+60%です。
もちろん被ダメージはそのまま。効果は高いが5300ダメージ浴びながら遠距離射撃するシチュエーションそのものが疑問となる微妙なポジション。

10/11追加チップ
・搭乗兵器自動脱出
搭乗中の搭乗兵器が破壊された際、自動的に脱出する。
公式以上の説明は不要ですね。

・搭乗時ダメージ軽減
搭乗兵器に搭乗中、被ダメージ-40%。
搭乗兵器へのダメージはそのままなので、ガンターレットよりはWL向きです。

・搭乗時ダメージ軽減Ⅱ
搭乗兵器に搭乗中、被ダメージ-70%。
コスト2にしてガードⅢと同等の効果。ガンターレットだと中身の方が硬くなったりします。

・パワースロー
投てき武器の弾速+5m/秒
固定値なので弾速が遅く、飛翔時間が長い武器ほど効果が高くなります。
水平に投げた場合の接地までの所要時間は変わらないため、武器ごとの重力設定には作用せず弾速ぶん投擲の弧が広がる具合です。
バーストチャクラムの場合、Uターンが距離でなく時間で設定されているので飛距離が伸びます。

・DEF連携回復Ⅲ
味方が中距離以内にいるとき、N−DEFの回復効果を得られる。
味方から150mくらい。勝手に動くNPCでサクッと調べた程度なので数値の誤差は大きめ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。