FC2ブログ

ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカッドバトルのススメ・劣勢編! ですわ!

スカッとお嬢かわいい。

概要、優勢編 → http://ojouni.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
拮抗編 → http://ojouni.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

劣勢
半分以上のプラントが占拠され、コアゲージのリードをいくらか取られて、敵の多くが第二セルまで到達しているような状況。
実力差が顕著で一方的な展開だった場合には、正直、打つ手は無いです。

が、連続撃破を受けて押し込まれた程度であれば、隙を作っての連携で十二分に打開できます。

劣勢時の急襲
一見して悪手ですが、劣勢を覆すには最も重要です。
押し込まれた場合には、ベースとベース前プラントを同時に守らなければなりません。攻め手の多さと地の利において、敵に分があります。
縦横無尽に攻められる敵に、アドリブ対応だけで押し返すというのは無理があります。練度があれば可能ですが、そうでない人の方が多いでしょう。

できれば高機動重装甲が望ましいところですが、陽動の効果が出る程度に突出するだけであれば、高ブースト加速型によりいずれの兵装でも担当できます。

では、劣勢を打開する急襲とはどういうタイミングで行うものでしょうか。押さえるべきポイントがあります。

・3vs4でも10秒は持ちこたえられそう
一時的に戦闘から離脱するわけですから、残った3人の味方が押しつぶされては仕方ありません。
敵味方の残耐久や装備、機動力、練度を確認して、挽回可能な被害で済むようなら、一人は第二プラントを目指しましょう。
中古3人vs新品4人、というような状況にしてしまうのは、もちろん悪手です。

理想的な挽回の流れは、

第一プラントを中立化されてしまう → ひとりが離脱し第二プラントに到達 → 敵全滅 → 第二プラント中立化

→ 戦線を第四セルまで一気に押し返す

という流れです。
自陣に入られると不利とはいっても、「ベース入口からコアを目指す敵」「カタパルトから見た占拠範囲内の敵」のように容易に撃破できる機会を逃さなければ全滅も可能です。

・中央セル到達までに迎撃されない
いいかげん飽きる話ですが、ゲート周辺が最も撃破されやすい場所です。
ここを突破できるタイミングで抜け出さなければ、早々と処理されて無意味に終わります。

ベースカタパルト~飛行軌道

カタパルトで頭上をすり抜けるのが最も確実です。優勢編の裏返しですね。
画像の位置あたりまで敵全員が侵入してきているなら、容易に突破できます。

格闘狙撃兵装であれば、光学迷彩によりすり抜けやすく、第二プラントでリスポン防衛されても強引に中立化できる可能性が高いため、特に効果的です。

残時間が少なく、敵を陽動しつつコアゲージを少しでも削れば勝てる、という場合には敵ベースまで行くことも視野に入ります。が、リスキーです。

また、敵ベース前プラントの奇襲に成功すれば、大逆転の可能性もあります。
成功率の低さと逆転可能性、守りきれない可能性、などなどギャンブル度が極めて高いので最後っ屁にはもってこいですが、安定した試合運びで勝てるようなら第二プラントに仕掛ける方が無難でしょう。

さらなる大博打として、1人とオートガンに防衛を任せて3人がバラム重機砲・アハトミサイルでコアをぶん殴るような奇策もあります。推奨はしません。

劣勢時の侵攻
第一プラントの奪還、戦線を最低でも中央セルまで押し返す、という点が主な仕事です。
とにかく敵の撃破がキモであるため、実力の見せ所となります。
各兵装、強みを最大限に押し付けましょう。具体的に書いたらキリが無いので割愛します。

さて、マップ二種類が公開された現在、どちらのマップもベース前プラントの占拠範囲内が複数個所あることは念頭に置くべきです。
詳しくは個人演習で確認してください。

敵を止めるには、ベース併設カタパルトの着地点の周辺と、プラントとは反対側の位置が敵からの死角になりやすい傾向があります。
占拠範囲内で粘るべきか、死角から素早く撃破すべきか、状況により異なるので判断基準は練っておきましょう。

劣勢時であれば、拮抗時のように急襲成功を期待して撃破を我慢する必要性は少ないと思います。
残り時間わずかで、守り通せるような場合は別ですが、押し込まれてしまっている状況では考えにくいです。

なぜか敵が残時間50秒でプラント占拠を最優先にしていた場合などは、後に待つベース攻撃第一波を捌けば終了となるので、撃破せず瀕死にとどめて急襲を援護することは有効です。
100試合に1回も無いとは思いますが。

劣勢時の防衛
シビアな判断が迫られるため、敵の様々な攻め手に対処する方法は予め固めておかねばなりません。

最も事故率が高いのは、ベースと第一プラントを同時に攻撃された場合。
原則的に、ベース内で防衛にあたるのは一人に留めるべきです。一人のコア攻撃に何人も割いてしまうのがアウトというのは言うまでもありません。

多少コアを削られても勝てるようなら、大量の自動砲台のこともあり、二人に対しても一人で捌いた方が勝てます。
マウントを取られて殴り続けられるより遥かにマシです。

が、相手が確実な轢殺を可能とする強敵で、かつ自動砲台が破壊されている場合には話が変わります。
守備に回る人員を増やさねばなりません。もはや詰んでいる線も濃厚ですが。

ともかく、ベース前ゲート上から制圧攻撃を加えられながらコアを守らねばならない詰み状況を避けることが先決です。

自動砲台で処理できるような瀕死にして手間を減らす(上手い人には無効。見極めが必要です)、カタパルトを使わず陸路で迎撃しながらプラントに向かう(ゲート利用ルートには要注意)、ベース内で守り続ける……打てる手は多様です。

ベース内に固まること、ベースをすっぽかして全員でプラントに向かってしまうこと。これらの事故は避けましょう。
マップに緑矢印を表示する「任せろ」チャットを有効利用してください。


劣勢になってしまうと「もう勝てなくね?」となってしまいがちですが、急襲に端を発した連携によっては、一気に拮抗以上の状況に好転させられます。
スカッドバトルは占拠性能が高いので、第一プラントはカタパルトと合わせて奪還がしやすく、第二プラントまで抜ければ敵増援を止められる。これは覚えておいてください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ojouni.blog.fc2.com/tb.php/107-e76714c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。