ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重! 73! ですわ!

重さを気にするお嬢かわいい

4/10 強襲兵装 副武器 変則起爆弾・重 支給開始

名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 起爆時間 リロード
変則起爆弾・重 タイプA 190 10000 1発×3 28m 2秒 1.8秒
変則起爆弾・重 タイプB 10000 18m 5秒
比較パーツ
41型強化手榴弾 140 11000 1発×3 25m 3.5秒 1.4秒
バーストチャクラムV 230 10200 1発×3 13m 3秒(停滞) 1秒
「威力と爆発半径を高めるため、搭載炸薬量を増加した切り替え式特殊グレネード。タイプAは投てき後2秒で起爆、広範囲に損傷を与える強力な爆発を発生させる。携行数が少ないため、タイプBでの運用には状況の見極めが重要。」

攻撃性能だけでなく、弾速やエフェクトも41手榴弾と同等です。
低弾速なのでパワースローの固定値増加の恩恵が大きい他方、起爆時間が短いため41手榴弾に比べれば飛距離の伸びでは劣ります。

4/12 重火力兵装 補助武器 73型AN手榴弾 支給開始
名前 重量 効果時間 装弾数 爆発半径 装甲低下 リロード時間 起爆時間
73型AN手榴弾 160 7秒 3 半径25m Lv3(ダメージ1.8倍) 1.0秒 2秒
比較パーツ
72型AN手榴弾 170 5秒 4 半径22m Lv2(ダメージ1.5倍) 1.0秒 1秒
「荷電量を増加させることで効果時間を大幅に延長したAN手榴弾。起爆時間は投てき後2秒と遅めだが、敵装甲の耐久性を大きく低下させる。」

目を見張るのは効果時間の長さ。
新型ECMに比べて起爆時間の短さや効果範囲の広さから多少は命中させやすいうえ、所持数も3個。
とはいえ撃破につなげられなくては妨害効果が得にくく、また反撃を受けるため状況しだいという点は変わりません。
もちろんユニオンバトルでは有効ですが、最も重要なエース機に当てにくくなっているのがネック。

ダメージ倍率は1.8倍。単発型の武器であれば大破も取りやすい点は大きなメリットになります。

4/14 支援兵装 副武器 グラスホッパーV 支給開始
名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 リロード時間
グラスホッパーV 320 11000 1発×5 半径18m 3.5秒
比較パーツ
ホバーマインV 240 9500 1発×3  半径20m 1.2秒
N70デトネーター 310 9300 1発×5 半径15m 3.0秒
「起爆時の破壊力を高めた強化モデル。炸薬量の増加により威力と爆発半径が向上しているが、重量増加に伴い射出後の前進速度は低下。運用には高度な技術を要する。」

グラスホッパー系統は非トラップ飛翔弾の扱いで、接地により起爆可能になりバウンドが開始されます。
また、バウンド高度はモデルにより異なります。

Vはジャンプ最大高度と同等、およそ10mのバウンド。低めの天井だとぶつかる一方で、ジャンプ回避した敵に直撃する珍しい爆発物。

弾速は極めて遅く、およそ20m/s。投てきトラップを含めた全武器中でもワースト級。
遠距離起爆を狙ってしまうと5秒近く何もしない時間が発生してしまうため、至近距離での即起爆や、接地から3回半のバウンドで自動起爆される仕様を使った時限トラップの運用が有効です。

4/16 遊撃兵装 バインドダートV 支給開始
名前 重量 威力 装弾数 爆発半径 効果持続 リロード
バインドダートV 280 5500 1発×5 半径9m 1.5秒 1.5秒
「電磁ニュードをナノレベルで圧縮することにより、機能障害時間の延伸に成功した電磁爆弾。敵装甲への損傷力も高くなっており、命中時は決定打となり得る」

決定打にしかならない狙撃銃を放棄してまで使うかというと残念な性能。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ojouni.blog.fc2.com/tb.php/147-21c19d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。