ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニさんホープサイドを攻略ですわ!

泣き顔お嬢かわいい。

秋キャンペーンのユニオンバトル週ですが、EXPランキングはご覧いただけたでしょうか。やったぜ。
今回の記事はホープサイドのカニさんについて、プラント奪還戦・対砲台・突入・ユニオンオーダー三種・最終防衛の7つに分けて、個人的な稼ぎ……もとい攻略情報を掲載します。

(1)プラント奪還戦
G~Aまでの7プラントの構成で、一応は全プラントにリペアポッドがあり、最低限の有用性はあります。
ぶっちゃけG、E、Bの順に三プラント取れば勝てるマップですが、Dは中盤の一時に便利で、Cも対艦戦開幕のリスク拡散に役立つので、できれば欲しいところ。
ここまで読んでわかる通り、AとFは利便性が低いため、優先度は最低となる2プラントです。報酬アップやプラント防衛のために取っておくとお得という程度ですね。が、しかし

なぜか多くの人がG→E→B(稀にD)→A→C→Dの順に移動します。
おそらく原因はベースのカタパルト。FとGで散開して取れば効率的なものの、Fが少し徒歩を挟むせいか大半の人がGに向かってしまうのでしょう。
占拠人数差5以上に人数を割くのは占拠時間の加速に対して、全員の移動時間ロスが大きくなるため非効率的です。

Fが無人であれば個人で取ることができるのですが、敵の出現状況はカタパルトに乗った後でないと、ビルに阻まれて確認できないため何かとリスキー。知り合い数人と示し合わせない限り、独占狙いのG/F分担は諦めた方が無難です。

では分担して時間を確保して独占するにはどうするかというと、戻りカタパルト先回り占拠がポイント。

マップをよく見れば、Gから反時計回りに全プラントがカタパルトで連結していることがわかりますね。
そのため、とりあえず開幕Gに飛びつつEの敵出現状況をチェックし、無人であればGを任せてさっさとEに取り掛かって時間を節約し、Eに飛びながらBの敵出現を……という具合で、先回り占拠を進めていけば、カタパルトで移動時間が皆無なこともあって、野良チームでも独占が期待できます。

(2)対砲台
相変わらずプラズマカノン・ネオの補給乱射、通称トイレネオが圧倒的火力なため、これを狙うことになります。
狙いやすいのは開幕B、C。カニさんがC周辺まで移動したらD、河まで来たらE、Eが危険になったらGやベースですね。

厄介なのが、遮蔽物の多さ。道路標識や高架によってリペアポッド付近では射線が阻まれがちです。が、しかし

ホバー型脚部の滞空によって、ほとんど全て無視することが可能になります。二脚では精度低下のため砲台に当たらなくなりますが、ホバーであれば大丈夫です。
電磁榴弾やDroneの攻撃にある程度は耐えられる装甲で、重火力兵装の装備で超過せず、パワーバウンダー突入しやすい飛行移動量の多い脚部……そう、まさにネレイド。支給から3年半、最も活躍する機会が来ています。今、まさに!

(3)突入
巨大兵器への突入ですが、大パワーバウンダーがベース、D,F、Eの四か所しか存在せず、ベース以外は全てビルの上でアクセスが悪く、しかもカニさん本体に塞がれやすくなっています。
で、カタパルトの利便性は高いため、すっ飛んで通常突入が中心になります。
そのため、内部の地上特殊強化機兵が邪魔されやすくなるため、複数人でタイミングを合わせた突入を心がけたいところ。一人につき、数万ダメージ損なわれることは覚えておきましょう。

また、通常突入で厄介なのが、うろついている機兵。ビルによって遠方から視認や排除が困難であるため突入前に事故ることも頻発します。

以上から、圧勝するにはバンカー設置までにカニさん尾部に移動して、素早く突入から機兵排除までを行う人数で変わる具合。
表示の出ないパワーバウンダーで正面から一番乗りした場合、内部の機兵がケツ向けて端に二機とも固まるため、独りでも積極的に狙うと後続が楽できます。

(4)ニュード吸収装置破壊
暫定版ホープサイド吸収装置
暫定版マップが上の通りです。マップ説明では難易度が高そうになっていますが、かなり簡単な部類に入ります。
注意したいのは、赤丸で囲った三か所。多方向から死角になる位置と、高架の最上層で破壊が難しい箇所です。着弾予告の時点で重点マークしたいところ。
他の着弾点は大半が高架周辺から視認できたり、カタパルトからすぐの位置であるため特に注意点はありません。

爆雷迎撃のこともあり、「特殊信号を確認」の時点で、E周辺に移動してしまうといいでしょう。

(5)巡航爆雷迎撃
マップが狭くビルだらけで射線が阻まれやすく、むしろ吸収装置よりも難易度は遥かに高くなっています。

注意したいのがベースにエリア移動は最悪手ということです。
フルセイバーだろうとエリア移動する時点で、最初に発生する爆雷四機から半機ぶんのダメージを放棄するロスですし、ベースからはビルが邪魔で3割程度の爆雷しか狙えません。
迎撃するのはE周辺で出現直後にネオやNeLISを狙うか、EからGのビルまでカタパルトで飛んで弱点を狙うかの二択ですね。GビルにはガンターレットGも併設されているため、支援兵装は迷わず移動すること。

(6)プラント防衛
どのプラントも機兵の出現位置から占拠範囲内までが直線的なため、NeLISとオートガンが極めて強力です。これらを用いたり、出現地点の背後から回避されない副武器で撃破を重ねれば、そう難しくないはずです。

(7)最終防衛
全員が正面の階段から、門の左端か右端を通ります。門を抜けた後に直進と大回りに分かれますが、門の時点で撃破するのが理想です。
Gプラント広場から階段へNeLISを照射すると気持ちよくなれますが、全Droneからタコ殴りにされるので、ラスト数秒のお楽しみにとっておくのが無難ですね。

最終防衛中はベースのバウンダーから必ず突入できるため、既にジーナが覚醒していた場には、7人ほど乗り込めば圧勝になることも覚えておきたいところ。残りコアゲージが大丈夫そうなら、ベース防衛と突入のチャットを駆使して圧勝してしまう方が確実です。


こんなところでしょうか。慣れるまではビルに阻まれて効率が落ちがちですが、それほど難易度は高くないマップです。キャンペーンや追加報酬を稼ぐ助けになればと思います。
スポンサーサイト

コメント

その光は最期の輝き…

なんかがっつリークでTSUMOI新型画像が出たんですが、見た目ホバーっぽいのが…

  • 2014/10/24(金) 07:50:53 |
  • URL |
  • カイリ #quyJDzjc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ojouni.blog.fc2.com/tb.php/45-9789b7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。