FC2ブログ

ユニお。

ボーダーブレイクの情報を、ユニオンバトル中心にお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップ追加ですわ!

近接お嬢かわいい。

BBnetに一覧が載りますので2以降の有無なんかは公式ページの更新を待てばいいと思います。
括弧内は使用チップコストです。

・近距離ロック射撃(1):近距離ロック時、射撃補正と反動吸収のパラメータが少し上昇する。
 ロックズームと射撃補正は【無関係】です。が、補正値の検証結果によっては、近距離ロックズームの方が効果が高いケースは多発することでしょう。

・静止時射撃適正(1):機体静止時、射撃の集弾性が向上する。
もともと静止時は補正0%です。しゃがみと異なり、格闘アクションチップと両立できるのが最大の強み。しゃがみと相乗するのか、反動への補正はあるのか、補正値はいくつか、を検証しなければ有用性は何とも言えません。

上記二チップと関連する、射撃精度に関しては → こちら

・補修部材奪取(2):敵撃破時に、低確率で自分専用の耐久力回復アイテムが出現する。
 参考までに、弾薬奪取は1で20%、2で50%のドロップ率です。

・ロングタックル3(3)
・スライディング3(3)
・ジャンプキック3(4)
 威力とモーションが大きくなるだけでしょう。参考までに各チップ1→2の威力は、2000→4000、3000→5000、1700→2800です。

・クイックステップ2(4):指定した方向に高速のダッシュ移動を行う。敵の近距離ロックを外す効果がある。
 クイックステップ1の時点で「モーション中はロックオンが外れない(敵機が画面外でも同様)」という効果があります。一方的にロックオンを保持できるので至近戦闘では脅威です。ただし、4コストを生かすも殺すもボーダー次第。


なお、今週はオルグレン湖水基地での大攻防戦、来週はナヴァル岩石砂漠でのスクランブルバトルです。来週にはBB Live TVの放送も控えていますね。
・追記1(04/07)
静止時射撃適正1と近距離ロック射撃1の検証を行いました。

・静止時射撃適正1
静止時(しゃがみ1含む)の反動と姿勢補正が 0% → 約20% に上昇します。
しゃがみ2が35%なので効果は下回りますが、大きな利点が二つあります。ひとつは、格闘アクションチップとの併用。もうひとつは、しゃがみ姿勢では射線が通らない場合にも有効という点です。

・近距離ロック射撃1
CPU相手の目測では、どうしても効果を確認できませんでした。2Pプレイでの録画が必要です。
目測不可というあたり、効果は高くなく射撃補正・反動補正ともに10%以下と思われます。

・追記2(4/14)
静止時射撃適性2の検証が終わりました。

・静止時射撃適性2(3コスト)
静止時の反動と姿勢補正が 0% → 約40% に上昇します。
しゃがみ1はもちろん、しゃがみ2時も40%で適用される……ように見えました。録画で比べる方が確実でしょう。
尤も、5コストを割いて両方のチップを使うことは絶対に無いわけですが。

以上から、静止時射撃適性はキリの良い数値である20%、40%である線が濃厚です。
しゃがみ2が2コスト35%、しゃがみ3が3コスト50%のため、静止適性2は今ひとつコストに見合わない印象。

とはいえ、40%という数値は十二分に大きいと言えます。が。
立ちながら高精度の射撃が可能という点を最大限に活用できるマップ・立ち回りであっても、3コストに見合った活躍をするかどうか……

なお、オカルト的な風説が出回っていますが、今のところ散弾の拡散に影響を与えるパラメータは二つのみです。
すなわち、姿勢による低下での拡散軸ブレ(ごく僅か)と、ロック時ズーム。頭部射撃補正やしゃがみ補正は限りなく無意味に近いので、あしからず
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ojouni.blog.fc2.com/tb.php/67-9b4eeb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。